コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アゼスゲ

百科事典マイペディアの解説

アゼスゲ

北海道,本州池畔や田の畔(あぜ)などに多いカヤツリグサ科の多年草。葉はやわらかく,線形で幅2〜4mm。春,高さ20〜80cmの花茎を立てて数個小穂をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アゼスゲ
あぜすげ / 畦菅
[学]Carex thunbergii Steud.

カヤツリグサ科の多年草。地下に細長い走出枝を伸ばし、高さ20~60センチメートル。葉は柔らかく、幅2~4ミリメートル。雌小穂は円柱形で直立し、長さ2~5センチメートル。雌花の鱗片(りんぺん)は黒褐色でよく目だつ。平地の水湿地、川岸、あぜなどに群生し、花期は5~6月。葉は縄などに利用される。北海道、本州、樺太(からふと)(サハリン)、千島に分布するが、変異が大きい。北海道の湿原に生え、走出枝が伸びなくなった変種はオオアゼスゲとして区別される。それらは走出枝を伸ばさなくなったため、大きな株になり小さな丘のように盛り上がって、谷地坊主(やちぼうず)とよばれるものをつくる。[木下栄一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアゼスゲの言及

【スゲ(菅)】より

… 生態的に見るとスゲはあらゆる生態条件下に見られるが,カサスゲのように湿地に生えるスゲはたいへん多く,山の渓流に沿って見るナルコスゲC.curvicollis Fr.et Sav.では,細い柄をもった円柱形の小穂が垂れ下がり鳴子を思わせるが,同じ鳴子形の花序をもち,葉の鋸歯が手を切るほど鋭いというテキリスゲC.kiotensis Fr.et Sav.は山中の湿地に,ゴウソC.maximowiczii Miq.は水田のあぜに多い。アゼスゲC.thunbergii Steud.,カワラスゲC.incisa Boott,大きな果胞をもったオニスゲC.dickinsii Fr.et Sav.,ウマスゲC.idzuroei Fr.et Sav.等みな湿地生である。 丘陵地の林の中にもスゲは多い。…

※「アゼスゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アゼスゲの関連キーワード湿地草原湿生植物戦場ヶ原

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android