コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッコ アッコ Akko

3件 の用語解説(アッコの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アッコ(Akko)

イスラエル北部の都市。地中海に面し、港湾を有す。古代よりフェニキア人の港として栄え、中世以降も十字軍アイユーブ朝マムルーク朝などに次々と支配された。旧市街の街並みはオスマン帝国時代後期の18世紀から19世紀にかけて整備され、現在の姿になった。十字軍が築いたトンネルや教会、オスマン朝イスラム寺院や隊商宿があり、2001年に「アッコの旧市街」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。アッコー。アッカー。アクレ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アッコ

イスラエルの北端に近い地中海に臨む港湾都市紀元前フェニキア時代に建設された古い町で,聖書にもその名があらわれ,ローマギリシア時代には東方征服の拠点に,また12〜13世紀には十字軍の一中心地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アッコ【‘Akko】

イスラエルの北西部,地中海沿岸にある港市。アッコはヘブライ語で,アラビア語ではアッカー‘Akkā。人口3万9100(1981)。古くから軍事的に重要な役割を果たしていた。旧約聖書の《士師記》1章31節にはその名が現れており,その後ギリシア,ローマの東方征服に際しても重要な拠点となった。ヘレニズム時代はトレマイ(プトレマイス)とよばれ,新約聖書にはこの名で現れる。12世紀の初め,第1次十字軍が侵攻してサラーフ・アッディーンをはじめ,イスラム勢力との間に激しい争奪戦が行われたが,1191年以降100年間,パレスティナの十字軍勢力の中心地となりヨハネ騎士団がこの地を管理,壮麗な教会もつくられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アッコの関連キーワード地中海式農業地中海気候ロケットサラダ阿爾及イスラエルロビーサブラータジュベイルイスラエル交響曲ウィリアムソン:ハイファの水の色/piano soloイスラエル[国]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アッコの関連情報