コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッサム[州](読み)アッサム

百科事典マイペディアの解説

アッサム[州]【アッサム】

インド北東部の州。中国,ブータン,ミャンマー,バングラデシュに囲まれる。大半が山岳地帯。住民はインド・アーリヤ系のアッサム人のほか,ボドなどチベット・ビルマ語系の少数民族が多く,大半はブラマプトラ川および南部のスルマ川渓谷に集中している。主産物は茶,ジュート,米,サトウキビ,果実,木材。工業は農産物加工,精油があり,石炭,石油を埋蔵する。なお,世界で初めて陸稲栽培が行われたところとされる。13―19世紀にはアホム王国が栄えた。1826年英保護領。ベンガルとの合体,分離を繰り返し,1947年インドの一州。1963年東部ナガランド,1972年メガラヤ,マニプル,トリプラ,1986年アルナーチャル・プラデーシュ,1987年ミゾラムが分離。州都ディスプール。7万8438km2。3120万5576人(2011)。→アッサム問題
→関連項目インドタイ[人]マナス野生動物保護区

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アッサム[州]【Assam】

インド北東端の州。面積7万9000km2,人口2241万(1991)。州都はディスプール。ほぼ東西700km,南北50~100kmのブラフマプトラ川の狭長な河谷平野を主とする。同平野の標高は東部で約130m,西部で30mと内陸部に位置する割には低く,平均勾配も12cm/kmにすぎない。そのためブラフマプトラ川は乱流し,川中島の発達が著しい。同川の北は急峻な東部ヒマラヤ山脈から流下する多数の必従性小河川が複合扇状地を形成し,流路を南に押しやっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアッサム[州]の言及

【紅茶】より

…彼は中国から茶樹を持ち帰り,カルカッタで移植を試みたが成功しなかった。ところが1823年,イギリスが長年探し求めていた野生の茶が,インド・アッサムの奥地でロバート・ブルースの手によって発見された。それはやがて中国種と品種を異にするアッサム種であることがわかり,茶の歴史上,世紀の大発見となる。…

※「アッサム[州]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android