コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照葉樹林文化 しょうようじゅりんぶんかEast Asian evergreen forest culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

照葉樹林文化
しょうようじゅりんぶんか
East Asian evergreen forest culture

ヒマラヤから東南アジア北部山地,雲南・貴州から江南を経て西日本にいたる常緑広葉樹林帯に共通してみられる文化複合。この樹林帯はカシ,シイ,ツバキなどの照葉樹から成っているためこの名がある。中尾佐助が提唱し,上山春平佐々木高明らが発展させた。中尾によれば,その特徴的な文化要素は,水さらしによるあく抜き法,茶葉の喫飲,絹布,漆器,麹による酒造など。生業形態は焼畑農耕を主とし,雑穀や稲のモチ種の儀礼食や,大豆を原料とする発酵食品への嗜好がみられる。また,歌垣の慣行や,死者の魂は死後山に帰りそこに住むとする山上他界観念,鵜飼いなどの習俗がみられる。その起源はインドのアッサムから中国の雲南,湖南へいたる地域と想定され,野性植物を作物としたプレ農耕段階から,雑穀とイモ類を主作物とする焼畑農耕段階へと移行し,典型的な照葉樹林文化が形成されたと考えられている。その後,水田稲作文化が成立し,そのなかに照葉樹林文化の多くの要素が取込まれていった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうようじゅりん‐ぶんか〔セウエフジユリンブンクワ〕【照葉樹林文化】

照葉樹林地帯に共通してみられる文化要素によって特色づけられる文化。最大の特徴は、イモ類とアワ・キビ・ヒエ・ソバなどの雑穀の焼き畑耕作。ヒマラヤ山麓から東南アジア、中国南部を経て西日本にかけて分布

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょうようじゅりんぶんか【照葉樹林文化】

ヒマラヤの南麓から東南アジア北部山地,雲南山地,華南や江南の山地をへて西日本に至る常緑広葉樹林帯は,カシ,シイ,クスノキ,ツバキなどの,樹葉の表面が光っている照葉樹で構成されているため,照葉樹林帯と呼ばれる。この地帯には多くの民族が住んでいるが,その生活文化の中には数多くの共通の文化要素がある。この照葉樹林帯に共通する文化要素によって特色づけられる文化を〈照葉樹林文化〉と呼ぶ。 この文化概念をはじめて提唱した中尾佐助によると,ワラビやクズ,あるいはカシ,トチなどの堅果類を水さらしによりあく抜きする技法,茶の葉を加工して飲用する慣行,繭から糸をひいて絹をつくり,ウルシやその近縁種の樹液を用いて漆器をつくる方法,かんきつとシソ類の栽培と利用,こうじを用いて酒を醸造することなどが,共通の文化要素のおもなものとしてあげられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうようじゅりんぶんか【照葉樹林文化】

ヒマラヤから東南アジア北部、中国南部、西日本にかけて広がる常緑広葉樹林帯に住む民族が共有するとされる文化。神話・伝説をはじめ各種習俗に共通点が多く見られ、日本の伝統文化の基層をなす。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

照葉樹林文化
しょうようじゅりんぶんか

東アジアの暖温帯には、西はヒマラヤの中腹から東は日本の中南部にわたる常緑広葉樹を原生林とする森林帯がある。この森林は常緑カシの類やクスノキ科の樹木が主力となり、葉は常緑で中形、表面に光沢があるので照葉樹林とよばれ、東アジア特有の森林型である。照葉樹林帯は生態学的にそこに共通の風土の存在を示すものであるが、人間文化の面でも共通性がみられ、それを照葉樹林文化という。照葉樹林文化では初め野生のヤマノイモやサトイモを栽培化し、次に雑穀栽培になったが、これらは焼畑栽培から始まった。稲栽培の開始は、照葉樹林帯に入る東南アジアあるいは雲南省の南部から始まったとされている。
 照葉樹林文化の文化要素は生活に密着した文化要素が著しい。米を粒食し、糯米(もちごめ)を蒸して加工し、副食には魚が常用され、魚醤(ぎょしょう)がつくられる。魚を米の飯で漬けるなれずし作りの習慣も広くみられる。鵜(う)飼いも照葉樹林文化に属する。大豆を栽培し、それから納豆をつくり、茶葉から漬物様の食品をつくったり、飲用に加工したりする。漆の利用は西はブータンから日本に至る地帯にある。同様に絹がこの地帯にあるが、中国以西ではヤママユの類がおもに利用される。酒は麹(こうじ)利用の穀物酒である。
 また歌垣(うたがき)の習慣も照葉樹林帯の民族に広くみられる。このように文化要素は日本からヒマラヤ中腹まで共通点が多く、したがって同一の生活文化の強い影響が広く作用したと考えられる。[中尾佐助]
『中尾佐助著『栽培植物と農耕の起源』(岩波新書) ▽上山春平他著『照葉樹林文化』(中公新書) ▽佐々木高明著『照葉樹林文化の道』(NHKブックス) ▽佐々木高明編著『雲南の照葉樹のもとで』(1984・日本放送出版協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の照葉樹林文化の言及

【農耕文化】より

…水利・灌漑をはじめ,各種の協働を必要とする水田稲作農耕では村落を基盤とする強い社会的統合が生じ,また予祝や収穫(新嘗(にいなめ))の儀礼など,さまざまな農耕儀礼が発達し,それらにいろどられた特有の〈稲作文化〉が,水田稲作農耕の展開に伴って形成された。 他方,東南アジア北部から華南・江南の山地をへて西日本に至る暖温帯の照葉樹林帯では,雑穀農耕文化と古い根栽農耕文化の特色が複合していわゆる〈照葉樹林文化〉が生み出された。上述の稲作文化を析出した母体となったのもこの照葉樹林文化であったと考えられる。…

※「照葉樹林文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

照葉樹林文化の関連キーワード原野農芸博物館アッサム州中尾 佐助共通点囃子田基層

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android