アデノシン(英語表記)adenosine

翻訳|adenosine

栄養・生化学辞典の解説

 C10H13N5O4 (mw267.25).

 プリン塩基であるアデニンとリボースからなる図に示した化合物.5位が1分子のリン酸エステルとなった分子がアデニル酸(アデノシン5-一リン酸,AMP),2分子とエステルを作るとアデノシン5-二リン酸(ADP),3分子とエステルを作るとアデノシン5-三リン酸(ATP),3,5にリン酸がジエステル結合するとサイクリックAMP(環状アデノシン一リン酸,cAMP)となる.RNAの成分であるほか,ATPは高エネルギーリン酸化合物として生体のエネルギー代謝で重要な働きをし,cAMPは,第二メッセンジャーとして,生体の情報伝達で重要である.アデノシン自体にもホルモン様活性がある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

アデニンと糖(リボース)とが結合したプリンヌクレオシドの一。針状結晶。水に溶ける。リボ核酸の構成成分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌクレオシドの一種。プリン塩基の一種であるアデニンがD-リボースと結合したもの。デオキシ-D-リボースに結合したものは、デオキシアデノシンとよぶ。アデノシンにリン酸がエステル結合したものがアデニル酸、リン酸が3分子結合したものがアデノシン三リン酸(ATP)である。そのほか、NAD(ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチド)や補酵素Aなどの重要な補酵素の構成成分でもあるが、通常、単独では生体内にほとんど存在しない。ストレス時にある種の細胞から放出され、アデノシン受容体を表面にもつ細胞に結合し、シグナル伝達に影響を与える。[笠井献一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (adenosine) アデニンとリボース(糖)とが結合したもの。リボ核酸(RNA)の構成成分。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

9-β-D-ribofuranosyladenine.C10H13N5O4(267.42).代表的なプリンヌクレオシドの一つで,リボ核酸や核酸補酵素の成分として生体内に存在する.適当なアデニン誘導体,あるいはその金属塩をペンタアセチル-D-リボフラノースと溶融縮合するか,あるいはアセトハロゲノ-D-リボフラノースと縮合させたのち,保護基を除いて合成する.また,リボ核酸の加水分解物から分離することもできる.針状晶.融点234~236 ℃.-63.0°(水).pKa 3.3(NH2基),12.5(糖のOH基).λmax 259 nm(ε 15.4×103,pH 7).酸によりアデニンとリボースに加水分解し,亜硝酸を作用させるとイノシンとなる.[CAS 58-61-7]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アデノシンの関連情報