コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナジャコ アナジャコUpogebia major

4件 の用語解説(アナジャコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナジャコ
アナジャコ
Upogebia major

軟甲綱十脚目アナジャコ科 Upogebiidae。甲長 4cm,体長 10cmほど。甲は前方がやや狭く,丸みのある三角形。腹部が幅広で長く,一見シャコを思わせるが,頭胸部全体が甲で覆われている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アナジャコ

甲殻類アナジャコ科。体はエビ形だが頭胸部の甲は小さく三角状で前方がとがり,腹部はよく発達している。一見シャコを思わせる。第1胸脚はきわめて不完全なはさみを形成しており,左右相称

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アナジャコ【Upogebia major】

甲殻綱アナジャコ科に属し,分類学的には異尾類,すなわち広い意味のヤドカリ類であるが,全体的な形態はエビ類に近い(イラスト)。また,甲の石灰化が不完全であることやほぼ三角形の頭胸甲,幅広い腹部などはシャコを思わせるが,シャコの仲間ではない。体長9cm。第1胸脚はきわめて不完全なはさみを形成している。潮間帯から水深20mくらいまでのやや硬い砂泥地に直径2.5cm,深さ30cmほどの穴を掘ってすむ。北海道から九州までにごくふつうに見られ,韓国,中国北部にも分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アナジャコ
あなじゃこ / 穴蝦蛄
[学]Upogebia major

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目アナジャコ科に属するエビ型の海産動物。分類学的には広い意味のヤドカリ類に含まれる。北海道から九州までの内湾にごく普通にみられ、朝鮮半島、中国北部にも分布する。体長10センチメートルほどで、頭胸甲は前方にとがり、左右の鰓域(さいいき)が膨れている。腹部は幅広く、一見シャコを思わせる。第1胸脚はきわめて不完全なはさみとなっている。潮間帯から水深20メートルぐらいまでのやや硬い砂泥地に、直径2.5センチメートル、深さ30センチメートルほどの穴を掘ってすむ。産卵の盛期は5月上旬から6月中旬。食用とすることはないが、多産する東京湾、瀬戸内海、有明海などでは、マダイやクロダイ釣りの餌(えさ)とする。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アナジャコの関連情報