コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヌラーダプラ アヌラーダプラ Anuradhapura

3件 の用語解説(アヌラーダプラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アヌラーダプラ
アヌラーダプラ
Anuradhapura

スリランカ中北部の都市。アヌラーダプラ県の県都。コロンボ北北東約 170kmに位置。前5世紀に建設。スリランカで2番目に古い首都で,古代シンハラ文明の中心地であった。アショーカ王の王子マヒンダがこの首都に仏教を伝え,シンハラ人の王デーバーナンピヤ・ティッサと民衆を仏教に改宗させたと史書に記録されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アヌラーダプラ

スリランカ北部の古都。紀元前4世紀から13世紀ころまで古代シンハラ王朝の都として栄えた。仏教伝来以後の多くの仏跡があるので有名。1982年,世界文化遺産に登録。
→関連項目ダンブッラの黄金寺院

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アヌラーダプラ【Anurādhapura】

スリランカ中北部の同名県の県都。人口3万5981(1981)。古代シンハラSimhala王朝の首都で,前4世紀から約1300年間,王都として栄えた。5世紀にこの都を訪れた中国僧法顕(ほつけん)は,当時の町の繁栄と仏教寺院の勢威を,その旅行記《法顕伝》に記録している。シンハラ王朝の正史ともいうべき《マハーバンサMahāvaṃsa(大史)》は,アヌラーダプラの盛衰を克明に伝えている。貯水灌漑システムに基礎を置く古代シンハラ文明は,13世紀以降衰退の一途をたどり,広大な農地はジャングルと化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアヌラーダプラの言及

【スリランカ美術】より

…全時代を通じて仏教美術が優勢であり,中世以降南インドからの移住民によりヒンドゥー教美術も行われた。造形活動の中心地は前4世紀から1000年以上首都であったアヌラーダプラ,それに続いて12世紀を中心に繁栄したポロンナルワであり,遺構もそれらの周辺に多い。
[建築]
 建築は仏教やヒンドゥー教の宗教建築のほかに,王宮などの世俗建築もある。…

※「アヌラーダプラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アヌラーダプラの関連キーワードアレキパオルシュティンスリランカドブリッチトルンノーンカーイピウラスリランカの愛と別れイーカスリランカ中央高原

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アヌラーダプラの関連情報