コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アバド Abbado, Claudio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アバド
Abbado, Claudio

[生]1933.6.26. ミラノ
[没]2014.1.20. ボローニャ
イタリアの指揮者。ミラノの音楽家の家系に生まれ,家庭教師について音楽を学ぶ。16歳でジュゼッペ・ベルディ音楽院に入学し,ピアノ,作曲および指揮法を習得。さらにシエナのキジアーナ学院で指揮法を学んだのちウィーン音楽院に留学し,ハンス・スワロフスキーに師事する。1958年にクーセビツキー賞(→クーセビツキー),1963年にディミトリ・ミトロプーロス指揮賞(→ミトロプーロス)を受賞。1965年ハレ管弦楽団を指揮してイギリスデビューを果たす。1968年にミラノのスカラ座の首席指揮者に就任,1972年音楽監督,1977年芸術監督となり,オペラ愛好者の裾野を広げることに貢献した。1971年にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者,1979~88年ロンドン交響楽団の首席指揮者,1986~91年ウィーン国立歌劇場の音楽監督を務めた。1990年ヘルベルト・フォン・カラヤンの後継としてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者・芸術監督に就任し,2002年まで務めた。当初ドイツ音楽を得意としていたが,のちにイタリアのジョアッキーノ・アントニオ・ロッシーニやジュゼッペ・フォルトゥニノ・フランチェスコ・ベルディの曲などレパートリーを広げた。2003年高松宮殿下記念世界文化賞を受賞した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

アバド【Claudio Abbado】

1933~ ) イタリアの指揮者。1989年ベルリンフィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者・芸術監督に就任。古典から現代まで幅広いレパートリーをもつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アバド
あばど

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アバドの関連キーワードポレボイ(Nikolay Alekseevich Polevoy)グスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団マイケル ティルソン・トーマスリーリャ ジルベルシュタインフェルッチョ フルラネットクリスチャン ツィメルマンアンネ・ゾフィー ムターティエリー フィッシャーアブラハム[ナルボンヌ]EUユース・オーケストラミラノ・スカラ座管弦楽団マンフレート ホーネックヨーロッパ室内管弦楽団ダニエル ハーディングクルマンベク バキエフマーラー室内管弦楽団リッカルド シャイーエフゲニー キーシンモーツァルト管弦楽団マティアス ゲルネ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アバドの関連情報