コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アパラチア造山帯 アパラチアぞうざんたいAppalachian orogenic belt

世界大百科事典 第2版の解説

アパラチアぞうざんたい【アパラチア造山帯 Appalachian orogenic belt】

北米大陸のアパラチア山脈一帯の造山帯をいう。ここでおこった主要な地殻変動を以前はアパラチア変革Appalachian revolutionとよび,ヨーロッパのバリスカン造山運動とほぼ同じ時期の石炭紀後期~二畳紀末におこったとされた。近年の研究では,アパラチア造山帯における地向斜堆積は原生代後期から古生代デボン紀にわたり,これらの堆積岩層に貫入した花コウ岩の形成期は(1)原生代最末期~カンブリア紀,(2)オルドビス紀~シルル紀,(3)デボン紀,(4)ペンシルベニア紀(石炭紀後期)の4回で,それぞれ変成作用を伴ったとされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アパラチア造山帯
あぱらちあぞうざんたい

北アメリカのアパラチア山脈からニューファンドランドにかけて北東から南西方向に延びる造山帯。造山帯は一般にその延びの方向に平行な、いくつかの構造帯に分帯される。アパラチア造山帯の構造をみると、中軸部の花崗(かこう)岩や片麻(へんま)岩、結晶片岩からなる、比較的緩やかな構造をした帯から始まり、北西側の結晶片岩や弱変成岩によるナップや衝上(しょうじょう)断層を伴う変形の著しい地帯を経て、ほぼ水平な構造をもつ前縁盆地へと移り変わっている。
 一方、プレートテクトニクスの立場からアパラチア造山帯をみると、次のように考えられている。先カンブリア時代には現在の北アメリカ、グリーンランド、ヨーロッパなどは接続しており、一つの大陸を形成していた。しかし末期になって、その中に大断裂帯が形成され、そこに広がったイアペトゥス海(原大西洋)がカレドニア‐アパラチア造山帯(現在はヨーロッパとアメリカに分かれている)のもとになった堆積(たいせき)盆である。このうち、北半部のカレドニアや北部アパラチアは、古生代オルドビス紀までにヨーロッパと北アメリカが衝突して海域が閉鎖し、カレドニア造山運動や、アパラチア造山運動のタコニック変動がおこって陸地が形成され、ここから多量の砕屑物(さいせつぶつ)が西方に供給された。アパラチア中央部では同様の変動が古生代デボン紀末ごろを頂点としておこった(アカディア造山運動)。そのころ南部アパラチアではまだイアペトゥス海が残っていた。この海域も石炭紀後半には、北アメリカとアフリカの衝突によってほとんど閉鎖し、アパラチア造山運動の一部としてのアレガニー造山運動がおこった。これによって超大陸としてのパンゲアが生じたのである。[岩松 暉・村田明広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android