コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカ民族会議 アフリカみんぞくかいぎ African National Congress; ANC

4件 の用語解説(アフリカ民族会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフリカ民族会議
アフリカみんぞくかいぎ
African National Congress; ANC

1912年に設立された南アフリカ共和国民族主義組織,のち政党。ケープナタールなどのアフリカ人やカラード (混血) の組織を母体として,ブルームフォンテーンで設立。当初は南アフリカ先住民民族会議 SANNCと称したが,1923年名称変更。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

アフリカ民族会議

1912年、アフリカ人都市知識層を中心に結成。非暴力主義に基づくアフリカ人の権利擁護を目的とし、初期には請願・陳情などの手段によった。第2次大戦中、穏健な手段に不満な若手グループが「青年同盟」を設立。48年のマラン政権成立以後、アパルトヘイトが強化されると、ANCは52年に不服従運動を実施、55年には「自由憲章」を採択した。60年にシャープビル事件により非合法化され、61年、ウムコント・ウェ・シズウェ(民族の槍)というゲリラ組織が誕生。62年にはネルソン・マンデラ議長が逮捕された。69年、武力闘争を宣言。デクラーク政権の対話路線により、90年2月、ANCはパンアフリカニスト会議(PAC)と共に合法化され、マンデラは釈放されて副議長に就任した。91年7月の全国大会で新議長にマンデラが就任、12月と翌92年5月の民主南ア会議に臨んだ。93年の多党交渉フォーラムを経て、94年4月の制憲議会選挙で第1党となり、5月マンデラ新政権が誕生した。96年、マンデラ党首は議長引退を表明、97年12月の党大会でターボムベキが新議長に選ばれた。99年6月の第2回総選挙で第1位を維持し、ムベキ政権が発足した。2004年4月の第3回総選挙後に再任。05年、ムベキ大統領はズマ副大統領を収賄およびレイプ容疑で罷免したことから、党内対立が顕在化した。

(林晃史 敬愛大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アフリカ‐みんぞくかいぎ〔‐ミンゾククワイギ〕【アフリカ民族会議】

African National Congress南アフリカ共和国の政党。前身は1912年に結成された黒人解放運動組織南アフリカ先住民民族会議(SANNC)。1923年に現呼称に改称。アパルトヘイト反対の中心的な組織として活動。1990年に合法化され、アパルトヘイト撤廃後の1994年に行われた初の全人種参加総選挙で勝利し、議長のネルソン=マンデラが大統領に就任した。ANC。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフリカ民族会議
あふりかみんぞくかいぎ
African National Congress

略称ANC。南アフリカ共和国における黒人の民族運動組織・政党。1910年の南アフリカ連邦結成直後、政府が原住民指定地制度を導入した原住民土地法案に反対して、1912年ヨハネスバーグの黒人を中心に南アフリカ原住民民族会議(1923年にアフリカ民族会議と改称)が結成され、委員長にデューベ、書記長にプラーキが選ばれた。その目標は反人種主義の立場から黒人の権利を擁護することにあったが、その手段は請願、代表派遣、プロパガンダなどの合法的なものであり、ガンディーの非暴力主義の影響を強く受けていた。第二次世界大戦中、ANC内の青年層が穏健な手段に反対して分裂し、1943年青年同盟を結成、タンボシスルWalter Sisulu(1912―2003)、マンデラらも加わった。そして第二次世界大戦終了後の1948年国民党政権が成立し、アパルトヘイト政策を強化すると、ANCもそれに対抗して武力闘争路線を採択し、1952年の抗議キャンペーン、1955年の自由憲章の採択など幅広い抗議行動を行ったが、そのため多くの指導者が捕らえられた。1959年にはANC内過激派が分離してパン・アフリカニスト会議(汎(はん)アフリカ人会議、PAC、議長ソブクウェ)を結成、翌1960年3月にはPACのデモに白人警官隊が無差別発砲し、多くの死傷者を出すシャープビル事件が起こった。この事件直後ANC、PACともに非合法化され、それぞれ海外に活動の本部を移し、国外から反人種主義運動を行った。1970年代後半から都市部を巻き込んだゲリラ活動を展開した。1990年2月に非合法化が解除され、以来、現実路線に転じ、白人政府との交渉の主体となった。1994年4月の全人種参加の総選挙では有効投票の62.6%(400議席のうち252議席)を獲得して第一党となり、政権を担当、5月に議長のマンデラが大統領に就任した。1995年11月の統一地方選挙でも圧勝。その後、マンデラは1997年末でANCの議長職を退き、後任党首にはターボ・ムベキThabo Mbeki(1942― )が就任。1999年6月の第2回総選挙でも、ANCは得票率66.35%を獲得、第一党となり、ムベキが大統領に就任した。[林 晃史・奥野保男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアフリカ民族会議の言及

【アフリカ人民族会議】より

…略称ANC。アフリカ民族会議とも訳される。1912年,原住民土地法案に反対して弁護士P.I.セメの呼びかけにより結成された南アフリカ原住民民族会議が23年に改称したもの。…

※「アフリカ民族会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アフリカ民族会議の関連キーワードアフリカンアメリカンホワイトアフリカSWAPO汎アフリカ主義アフリカデーアフリカ人民族会議ケニア・アフリカ人同盟パン・アフリカ人会議南アフリカ人メラノ・アフリカ人種

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アフリカ民族会議の関連情報