コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由憲章 じゆうけんしょう Charter of Liberties

1件 の用語解説(自由憲章の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由憲章
じゆうけんしょう
Charter of Liberties

12~13世紀にイングランド諸王が,大貴族の支持を得るために発布した文書の総称。その最初は,1100年ヘンリー1世が戴冠の際に発布したもので,兄のノルマンディーロベールの王位主張に対抗して,前王ウィリアム2世のような専制を行なわず,エドワード (懺悔王) 時代のよき法を維持することを約束し,内容は主として封建臣下の特権を確認している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自由憲章の関連キーワードグランドデザインインナーヘブリディーズ諸島カーライル大聖堂ガイヤール城セントアンドルーズ城チェスター城リーボウ修道院レザンドリーイングランドの丘《ニューイングランド諸教会の統治制度の擁護》

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自由憲章の関連情報