コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由憲章 じゆうけんしょうCharter of Liberties

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由憲章
じゆうけんしょう
Charter of Liberties

12~13世紀にイングランド諸王が,大貴族の支持を得るために発布した文書の総称。その最初は,1100年ヘンリー1世戴冠の際に発布したもので,兄のノルマンディー公ロベールの王位主張に対抗して,前王ウィリアム2世のような専制を行なわず,エドワード (懺悔王) 時代のよき法を維持することを約束し,内容は主として封建臣下の特権を確認している。国王といえども法のもとにあるという精神が表れている点,のちの『マグナ・カルタ』への道を開いたものとして重要な意義をもつ。同様な文書は次のスティーブン王,ヘンリー2世も発布している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

自由憲章の関連キーワード総合年表(アメリカ)カナダの憲法移管アフリカ民族会議ヘンリー(1世)ブラバント公国マンデラベーモンANCルツリ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android