コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカ縦断政策 アフリカじゅうだんせいさくCapeto-Cairo Project

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフリカ縦断政策
アフリカじゅうだんせいさく
Capeto-Cairo Project

ケープタウンとカイロを,電信線と鉄道で結ぼうとしたイギリスの植民地拡大政策。3C政策の一環をなす。ケープ財界の実力者で,1890年ケープ植民地首相となった C.ローズが推進した。電信線架設および鉄道敷設は,それに要する土地を領有することを当然の前提としており,ケープ植民地からエジプトまでの間をイギリス植民地にする,という帝国主義的野心を表現した。ローズが創設したイギリス南アフリカ会社は,その野心を実現する目的で今日のローデシアザンビアなどを領有し,イギリス本国では J.チェンバレン植民相がローズのこの政策に協力した。ドイツはローズの北進政策を阻止する努力をし (→ファショダ事件 ) ,南アフリカ戦争 (1899~1902) は,ローズの北進政策を原因として起った。第1次世界大戦の結果,ケープタウンとカイロは,イギリス植民地だけを通る形で結ばれたが縦断鉄道はついに実現されないで終った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アフリカ縦断政策の関連キーワードアフリカ横断政策マルシャンポルトガル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android