コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブシンベル神殿 アブシンベルしんでん Abū Simbel

4件 の用語解説(アブシンベル神殿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブシンベル神殿
アブシンベルしんでん
Abū Simbel

古代エジプトの岩窟神殿。エジプトのアブシンベルにあり,ラムセス2世 (在位前 1304~1237) の造営でハトル女神をまつる。大小二つの神殿からなり,大神殿は正面高さ 32m,幅 38m,奥行 63m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アブシンベル‐しんでん【アブシンベル神殿】

Abu Simbel Temples》エジプト南部、ナイル川上流、ヌビアのアブシンベルにある古代エジプトの岩窟(がんくつ)神殿の遺跡。新王国第19王朝のラムセス2世により建造され、アブシンベル大神殿と、アブシンベル小神殿ネフェルタリ神殿)とがある。アスワンハイダム建設時の1960年代、水没を避けるため遺跡全体が西寄りの丘に移築された。1979年「アブシンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群」の一部として、世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報の解説

アブシンベル神殿

紀元前1300年頃にラムセス2世が自身の為の大神殿と王妃の為の小神殿の二つを作らせました。ラムセス2世の4体の巨像が並ぶのは圧巻です。朝日の向きを計算して建てられたといわれています。この神殿はアスワン・ハイ・ダムの建設に伴い、湖に水没することに決まりましたが、ユネスコ立ち上がり、国際的なキャンペーンや世界各国の資金と技術を集めて救済した遺跡です。これが「世界遺産」を誕生させる発端になったという、記念すべき遺跡です。エジプト最南端の見所です。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アブシンベルしんでん【アブシンベル神殿】

エジプト、下ヌビアのナイル川西岸にある古代遺跡。正面に創建者ラムセス二世(在位 前1298~前1232)の像がある巨大な岩窟神殿。アスワン-ハイダムの建設による水没を避け、旧位置の西方高所に解体移築された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アブシンベル神殿の関連キーワードABU青の洞門アジアビジョンABU賞カファリシャーシ廟アブシンベル小神殿アブシンベル大神殿アブルダハブモスクアブ・ダビーアブ-シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アブシンベル神殿の関連情報