コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブシンベル神殿 アブシンベルしんでんAbū Simbel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブシンベル神殿
アブシンベルしんでん
Abū Simbel

古代エジプトの岩窟神殿。エジプトのアブシンベルにあり,ラムセス2世 (在位前 1304~1237) の造営でハトル女神をまつる。大小二つの神殿からなり,大神殿は正面高さ 32m,幅 38m,奥行 63m。入口に高さ 22mの4体のラムセス2世像がある。アスワン・ハイダムの建設で神殿の下部が湖底に沈むのを避けるため,国連教育科学文化機関 UNESCOが世界に呼びかけエジプト政府と協力して,1963年から4年間を費やし,360万ドルの工費で,いままでより 60m高い山上に移築した。 1979年フィラエ遺跡にいたるヌビア遺跡群とともに,世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アブシンベル‐しんでん【アブシンベル神殿】

Abu Simbel Temples》エジプト南部、ナイル川上流、ヌビアのアブシンベルにある古代エジプトの岩窟(がんくつ)神殿の遺跡。新王国第19王朝のラムセス2世により建造され、アブシンベル大神殿と、アブシンベル小神殿(ネフェルタリ神殿)とがある。アスワンハイダム建設時の1960年代、水没を避けるため遺跡全体が西寄りの丘に移築された。1979年「アブシンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群」の一部として、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界遺産情報の解説

アブシンベル神殿

紀元前1300年頃にラムセス2世が自身の為の大神殿と王妃の為の小神殿の二つを作らせました。ラムセス2世の4体の巨像が並ぶのは圧巻です。朝日の向きを計算して建てられたといわれています。この神殿はアスワン・ハイ・ダムの建設に伴い、湖に水没することに決まりましたが、ユネスコが立ち上がり、国際的なキャンペーンや世界各国の資金と技術を集めて救済した遺跡です。これが「世界遺産」を誕生させる発端になったという、記念すべき遺跡です。エジプト最南端の見所です。

出典 KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について 情報

大辞林 第三版の解説

アブシンベルしんでん【アブシンベル神殿】

エジプト、下ヌビアのナイル川西岸にある古代遺跡。正面に創建者ラムセス二世(在位 前1298~前1232)の像がある巨大な岩窟神殿。アスワン-ハイダムの建設による水没を避け、旧位置の西方高所に解体移築された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アブシンベル神殿の関連キーワードエジプト建築アスワン遺跡アスワン県神殿建築ウォレスデボ神殿ヌビア

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アブシンベル神殿の関連情報