コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブジャ Abuja

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブジャ
Abuja

ナイジェリア首都。中部,ポートハーコート北方 480km,標高 360mの台地に位置する。 1976年に創設されたアブジャ首都圏の中心部。独立以来の首都ラゴスが国の南西にかたよりすぎ,また発展の余地に乏しいことなどから,中央部に位置し,気候も乾燥して冷涼なアブジャに新たに計画都市を建設,1991年 12月遷都した。国会,行政府,外国大使館などが位置する中心地区と,近代的な宿泊施設,商業ビルなどが立ち並ぶ周辺地区からなる。高速道路で主要都市と結ばれ,空港もある。西南西 75kmにあるニジェール川のシロロダムから電力を供給している。なお,首都中心部の建設計画は日本の建築家,丹下健三が担当した。面積 7315km2都市圏人口 140万5201(2006予備調査)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アブジャ

ナイジェリアの首都。1976年に,それまで首都であったラゴスからの移転が決定し,80年代にアブジャの旧市街の近くに面積7315km2の首都地区が建設され,1991年に正式に首都になった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アブジャ【Abuja】

ナイジェリア連邦共和国の首都。同国の中央部に位置する。1991年ラゴスから移転。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブジャ
あぶじゃ
Abuja

西アフリカ、ナイジェリア中央部、サバンナ地帯にある都市。1991年ナイジェリアの首都となった。1976年国の中央部に位置するなどの理由でそれまで首都であったラゴスからの遷都が決定されてつくられた新しい町である。首都の基本設計者は日本人の丹下健三(たんげけんぞう)。もともとアブジャという地名は、現在のアブジャから北西の位置にあり、1828年からよばれていた。新首都名をアブジャにするにあたり、もとのアブジャはスレジャSulejaに改称された。[島田周平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アブジャの関連キーワードナイジェリアの要覧シアド・バーレダルフール危機ECOWASヤラドゥアリベリアカドゥナ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アブジャの関連情報