コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブダビ(英語表記)Abū Dhabi

翻訳|Abū Dhabi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブダビ
Abū Dhabi

アラビア語ではアブーザビー Abū Ẓaby。アラブ首長国連邦を構成する首長国の一つ。連邦の 75%を占める最大の構成国。ペルシア湾岸と沖合いの豊富な油田により,ドバイと並び連邦の指導国の立場にある。ペルシア湾にほぼ並行して海岸線は長く,遠浅で,海上には小島が多い。首都はアブダビ市で,遊牧民から出自したバニーヤース族のアールブーファラー支族が首長として君臨している。1971年アラブ首長国連邦成立時,最有力構成国として参加。アブダビ市は連邦の首都でもある。アブダビの経済は大部分豊かな石油収入に依存するが,石油は 58年に初めて約 120km沖合いの海底で発見されたものである。陸上の主要な油田は,ムルバン,ブハサ油田で,全体の埋蔵量は 150億バーレルと推定されている。内陸地帯のブライミ・オアシスは,カナートによる灌漑地として,貴重な農業資源となっており,サウジアラビアとの国境紛争の係争地でもあった。面積約 6万7350km2。人口 79万8000 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アブダビ

アラブ首長国連邦を構成する7首長国の一つ。本土とアラビア湾沖合の島々からなり,島部にある主都アブダビは連邦の首都を兼ねる。石油収入による開発が進行。かつては天然真珠の産地として知られ,1776年に現首長の一族がアブダビ島に居住。6万7350km2。196万8000人(2010)。
→関連項目トルーシャル・オマーン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アブダビ【Abū Dhabī】

アラブ首長国連邦を構成する七か国の中核をなす最大面積の国。
アラブ首長国連邦の首都。ペルシャ湾南端部の小島にある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アブダビの関連情報