コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブドアッラフマーン アブドアッラフマーン‘Abd al-Raḥmān

デジタル大辞泉の解説

アブド‐アッラフマーン(‘Abd al-Raḥmān)

(1世)[731~788]後ウマイヤ朝の始祖。在位756~788。スペインのコルドバを中心にウマイヤ朝を再建、フランク王国カール大帝の遠征軍を破って王国の基礎を固めた。
(3世)[889~961]後ウマイヤ朝第8代の君主。在位912~961。国内の諸勢力を制圧し、929年、カリフを称した。産業を振興し、学芸を奨励、王朝の最盛期を現出し、コルドバは西欧随一の都となって繁栄。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アブドアッラフマーンの関連キーワードアブド・アッラフマーン[1世]アブドゥルラフマーンアブドゥル・ラフマーン1世延暦寺ヒシャーム1世海損731部隊侵華日軍第七三一細菌部隊罪証陳列館グレゴリウス3世ベーダ