コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブドゥル・ラーマン アブドゥル・ラーマンAbdul Rahman, Tunku

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブドゥル・ラーマン
Abdul Rahman, Tunku

[生]1903.2.8. ケダアロールスター
[没]1990.12.6. クアラルンプール
マレーシアの政治家。ケンブリッジ大学卒業。 1949年弁護士免許を取得し,マラヤ連邦法務局副検察官となった。 51年統一マレー国民組織 UMNOの総裁となり,55年7月の総選挙では華僑,印僑の政党とともに連合党を結成し選挙に大勝,首相兼内相となった。 57年8月マラヤ連邦の成立と同時に初代首相兼外相。民族協和による国民の団結強化というラーマン政権の基本理念は,61年シンガポール,イギリス領ボルネオを加えたマレーシア連邦構想に発展,フィリピン,インドネシアの反対を抑えて 63年これを実現,首相に就任した。 69年の総選挙をめぐる中国人とマレー人との人種暴動を機に与党連合党が動揺,70年9月後任を T.アブドゥル・ラザクにゆだねて辞職した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アブドゥル・ラーマン

マレーシア建国の父。マレー半島中部ケダの王家の生れ。第2次世界大戦をはさんで2度英国に留学。この間,民族主義団体に加わり,戦後の1951年連合マレー人国民組織(UMNO)総裁として英国との協調を保ちつつ民族運動を導く。
→関連項目マレーシア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブドゥル・ラーマン
あぶどぅるらーまん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アブドゥル・ラーマンの関連キーワードマレー人優先政策マレーシア紛争ポンティアナ五・一三暴動2月8日ヤラワチ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android