コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブドゥル・ラーマン アブドゥル・ラーマン Abdul Rahman, Tunku

3件 の用語解説(アブドゥル・ラーマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブドゥル・ラーマン
アブドゥル・ラーマン
Abdul Rahman, Tunku

[生]1903.2.8. ケダ,アロールスター
[没]1990.12.6. クアラルンプール
マレーシアの政治家。ケンブリッジ大学卒業。 1949年弁護士免許を取得し,マラヤ連邦法務局副検察官となった。 51年統一マレー国民組織 UMNOの総裁となり,55年7月の総選挙では華僑,印僑の政党とともに連合党を結成し選挙に大勝,首相兼内相となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アブドゥル・ラーマン

マレーシア建国の父。マレー半島中部ケダの王家の生れ。第2次世界大戦をはさんで2度英国に留学。この間,民族主義団体に加わり,戦後の1951年連合マレー人国民組織(UMNO)総裁として英国との協調を保ちつつ民族運動を導く。
→関連項目マレーシア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブドゥル・ラーマン
あぶどぅるらーまん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アブドゥル・ラーマンの関連キーワードアローラインアロースターアロースタータワーアロール諸島アロール島アロークロスアローメイトエアロ8エ・アロール東レ・アローズ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アブドゥル・ラーマンの関連情報