コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブド・アルカーディル ‘Abd al‐Qādir

1件 の用語解説(アブド・アルカーディルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アブド・アルカーディル【‘Abd al‐Qādir】

1808‐83
アルジェリアの政治家。1830年のアルジェ占領以降フランスが進めたアルジェリア植民地化政策に対して,全国各地で民衆の武力抵抗運動が組織された。アブド・アルカーディルはその代表的指導者であり,現代アルジェリア民族運動の父とみなされている。西アルジェリアのアラブ系豪族の出で,父親はスーフィー教団の指導者であったが,32年に選ばれてアミール・アルムーミニーンとなり,侵略者に対するジハード(聖戦)を開始した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アブド・アルカーディルの関連キーワードアルジェアンジェリコシラクナイジェリアファノン阿爾及サンタマリアデッリアンジェリ教会プロジェリアベンベラアルジェリアの政治

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone