コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブラカダブラ Abracadabra

翻訳|Abracadabra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブラカダブラ
Abracadabra

キリスト教の異端であるグノーシス派のうちのバシリデス派 (2~4世紀) が,病気や不幸から守ってくれるよう,慈善心に富む精霊の助けを祈るときに用いたまじないの文句。その言葉は,魔よけとして使われるアブラクサスの石の上に見出される。この語をギリシア字母で書くと 365の数を表わすことから,至高の存在から出る 365の霊的位階の名とした。これらは同数の天界に相当し,最下位が大地とそこに住む者とを構成する諸霊の場所である。この語とともに怪異な人獣像が彫られていることが多い。グノーシス派の医者セレヌス・サモニセスは,悪寒や熱を避けたり,あるいは治療するときにそれを用いるよう教えている。次第にグノーシス派以外でも用いられるようになり,近代では,複雑な非科学的仮説に対し軽蔑的に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アブラカダブラ【Abracadabra】

西洋魔術において,とくにユダヤ人により伝統的に用いられてきた呪文(図)。病気や厄災を払うのに効き目があるとされ,17世紀ロンドンのペスト流行の際にも使われたと言う。原義は〈雄牛,唯一の雄牛よ〉という呼びかけだったと言われ,〈雄牛〉は春分点が金牛宮にあった時代の〈太陽〉を意味する。古代地中海世界のミノタウロスセラピス,ミトラス信仰は万物の始原として雄牛をまつったが,この呪文は唯一絶対の太陽神を呼び出すものだと言えよう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アブラカダブラ【abracadabra】

魔よけの呪文。
わけのわからないこと。ちんぷんかんぷん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のアブラカダブラの言及

【言語遊戯】より

…したがって,逆にいえば,祈禱文や呪文から呪術性・秘教性を取り去るならば,純粋なゲームに見えてくることになる。たとえば,呪文として名高い〈アブラカダブラabracadabra〉はグノーシス派(グノーシス主義)の儀式にさかのぼり,呪術師が熱病を起こす悪霊の名〈アブラカダブラ〉を頭から順々に1字ずつ消していき,最後にA(アレフAleph=原一者,全能の神のしるし)を残すことによって病を治したといわれるが,部外者には単純な文字遊戯にも見える。西洋のアルファベットは,カバラ的神秘主義によれば,創造主エロヒムの手になるセフィロト(書かれたもの)から精霊が1文字ずつ切り取って石に造形したものとされ,全宇宙はこれらの文字のひそかな組合せによって支えられているとされる。…

【言語遊戯】より

…したがって,逆にいえば,祈禱文や呪文から呪術性・秘教性を取り去るならば,純粋なゲームに見えてくることになる。たとえば,呪文として名高い〈アブラカダブラabracadabra〉はグノーシス派(グノーシス主義)の儀式にさかのぼり,呪術師が熱病を起こす悪霊の名〈アブラカダブラ〉を頭から順々に1字ずつ消していき,最後にA(アレフAleph=原一者,全能の神のしるし)を残すことによって病を治したといわれるが,部外者には単純な文字遊戯にも見える。西洋のアルファベットは,カバラ的神秘主義によれば,創造主エロヒムの手になるセフィロト(書かれたもの)から精霊が1文字ずつ切り取って石に造形したものとされ,全宇宙はこれらの文字のひそかな組合せによって支えられているとされる。…

※「アブラカダブラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アブラカダブラの関連キーワードフィリップ ドゥクフレフレデリック バック言語遊戯

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アブラカダブラの関連情報