コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブラススキ アブラススキ Eccoilopus cotulifer

3件 の用語解説(アブラススキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブラススキ
アブラススキ
Eccoilopus cotulifer

イネ科多年草。日本全土,アジア東部から南部に分布し,明るい林内に生える。根茎は短く,を密に出す。茎は直立し高さ 1.2mほどで分枝しない。土中の根ぎわに数個の鱗片葉があり,その上に長柄のある根出葉が出る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アブラススキ【Eccoilopus cotulifer (Thunb.) A.Camus】

丘陵地や山地の林下に生える丈の高いイネ科の多年草(イラスト)。茎はやや叢生(そうせい)して立ち,高さは120cmに達し,細く,油気を帯びたような光沢があるのでこの和名がついた。葉は幅広い線形で長く60cmに及び,根もとと茎の節にあり,根生の葉では葉身と葉鞘(ようしよう)の間に中脈が露出して葉柄状になっている。花序は長さ20~30cmの円錐状で,秋に茎の頂につき,糸状の細い枝や花序の先端は下垂して,長さ4cmくらいで,暗緑色の総状の分枝を出し,それに長さ6mmで,披針形の小穂をやや密につけ,小穂は対をなし,片方は短柄,他方には長い柄がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブラススキ
あぶらすすき / 油薄
[学]Eccoilopus cotulifer (Thunb.) A. Camus

イネ科のやや大形の多年草。稈(かん)は株立ちして高さ0.8~1.2メートル。根出葉は短柄がある。9~10月、頂端に長さ20~30センチメートルの円錐(えんすい)状の花序をつけ、多数の下垂する枝が輪生状につく。小穂は長さ約6ミリメートル。対をなして花序の枝につき、2個の小花をもつ。包穎(ほうえい)の脈は顕著で、基部に短束毛があり、第1護穎(ごえい)から芒(のぎ)が出る。和名は、ススキに似るが油状の光沢をもつことによる。日本全土の日当りのよい丘陵地に生え、朝鮮、中国、インド北部にかけて分布する。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アブラススキの関連キーワード柏葉羽熊下草棕櫚草稚児百合輪違草亀甲羽熊米茅峠芝点火茎リード泥炭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone