コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブラチャン アブラチャンLindera praecox

3件 の用語解説(アブラチャンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブラチャン
アブラチャン
Lindera praecox

クスノキ科の落葉低木。日本各地の山地や谷筋などに普通に生じる。基部でよく分枝し,全体として叢生する。枝は暗褐色で白い皮目が目立つ。葉は長さ3~5cmの全縁の卵円形で,先はややとがり,葉柄は赤く,裏面は白みを帯びている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アブラチャン【Parabenzoin praecox (Sieb.et Zucc.) Nakai】

高さ6m,直径15cmほどになるクスノキ科の落葉小高木で,本州,四国,九州の温帯~暖帯の山地に分布し,山腹から沢筋の適潤地によくみられる(イラスト)。樹皮は灰褐色で平滑。葉は互生し,葉身は長さ4~9cmの卵形または楕円形で裏面がやや白い。雌雄異株。3,4月ごろ,新葉の出る前に緑黄色の小花が数個ずつかたまって咲く。果実は直径約1.5cmの球状の液果で,秋に黄褐色に熟し,中に1個の種子をもつ。種子の油は中部地方で灯用とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブラチャン
あぶらちゃん / 油瀝青
[学]Lindera praecox (Sieb. et Zucc.) Bl.

クスノキ科の落葉低木。山地に普通に生え、高さ3メートルに達する。樹皮は灰褐色で皮目があり、若枝は緑色。葉は、質は薄いがじょうぶで、光沢があり、卵形で長さ4~9センチメートル、羽状脈があり、鋸歯(きょし)はない。花は3~4月、葉が出る前に開き、短枝の基部から二つずつ出た小形の散形花序につき、淡黄緑色。雌雄異株。果実は球形で大きく、直径1.5センチメートル。ほかのクロモジ属植物とは異なり、裂開して1個の種子を放出する。この特徴のためにシロモジとともに別属とする説もある。名は、果実から油をとり、また材が油を含みよく燃えることによる。「チャン」は瀝青(れきせい)の英語Chian turpentineをあてたもの。本州から九州、朝鮮半島、中国中部に分布。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アブラチャンの関連情報