コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アペール Appert, Nicolas (-François)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アペール
Appert, Nicolas (-François)

[生]1750頃. シャロンシュルマルヌ
[没]1841.6.3. パリ近郊マッシー
フランスの料理人,菓子職人,酒造家。密封容器による食品保存方法(缶詰の原理)を発明した。1795年にフランス総裁政府が長距離輸送に適した食品の保存方法を懸賞金つきで募集したことをうけ,その後 14年間にわたり実験を行なった。コルクをしたガラス瓶を針金で留め,ろうで密封して沸騰加熱するという方法を開発し,加熱時間を変えることによりスープ,果物,野菜,ジュース,乳製品,ジャム,シロップなどさまざまな食品の保存に成功。1810年懸賞に当選し 1万2000フランの賞金を獲得,研究成果をまとめた論文『各種食肉・野菜を数年間保存する方法』L'Art de conserver, pendant plusieurs années, toutes les substances animales et végétalesを発表した。1812年賞金を元に世界初の缶詰工場「アペール商会」を設立,工場は 1933年まで操業した。そのほか固形スープの素や非酸性ゼラチン抽出法を開発し,加圧滅菌器を完成させるなどの功績も残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アペール【Nicolas Appert】

?‐1841
生年については1749年,50年,52年説がある。フランスの料理人で,食品保存法としての瓶詰の発明者。パリ盆地のシャロン・シュール・マルヌに生まれ,幼時から菓子屋で働く。独立して菓子製造,ブドウ酒醸造工場をもつに至ったころ,フランス政府の〈軍隊に新鮮な食糧を供給する方法〉の懸賞論文募集があり,食料を入れた広口ガラス瓶をゆるくコルクの栓をしたまま2時間煮沸,次いで固く栓をして封じるという方法でもって応募する(1804)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アペール【Nicolas Appert】

1752~1841) フランスの製菓業者。缶詰の発明者。ほかにゼラチンの製法なども発明。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アペール
あぺーる
Nicolas Appert
(1752―1841)

フランスのコック長、製菓業者。缶詰の発明者として知られる。フランス革命後、政府は陸海軍の食物を保存する方法について懸賞募集した。アペールは食物を広口のガラス瓶に入れ、水を加えてコルク栓を緩くしてこれを鍋(なべ)に入れ、2時間ほど煮沸して瓶を取り出し、栓を堅く密封した。1810年、彼はこの方法でナポレオンから1万2000フランの賞金を得、それで食物保存の工場を建て、その方法について著作した。ガラスのかわりに、丸く白い鋼製の缶を用いたのは1822年からである。固形ブイヨン、ゼラチンの製法などの発明もある。[山崎俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアペールの言及

【缶詰】より

…なお,食品を瓶に詰めて密封殺菌をした瓶詰も,一般に缶詰に含めて取り扱われている。
[歴史]
 缶詰の製造原理は,1804年フランスのアペールによって発見された。1795年フランス革命のさなかに,ナポレオンはヨーロッパ戦線を東奔西走していた。…

【瓶詰】より

…ガラス瓶の中に食品を詰め,密封後加熱殺菌をして貯蔵性を高めたもので,加熱殺菌をしない〈瓶入り〉と区別される。瓶詰の原理は,1804年フランスのN.アペールによって発明され,1820年アメリカで初めて企業化された。瓶詰は,内容物が見えることを特徴としているが,逆に光線を通すため変色などの変質を起こしやすい欠点がある。…

※「アペール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アペールの関連キーワードスルガベイ インペリアルIPA金しゃちビール10月23日両眼隔離症帝国IPA山崎俊雄IPA水産業

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android