コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポクリン腺(読み)アポクリンせん(英語表記)apocrine gland

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アポクリン腺
アポクリンせん
apocrine gland

2種類ある人間の汗腺の一つ。大汗腺ともいう。エクリン腺が全身に分布して,いわゆるを分泌するのに対し,アポクリンわきの下外陰部肛門周辺,乳輪外耳道など特定の部分だけに存在し,汗の分泌を行うのとは別に,細胞の一部が切れ落ちてその破片が汗の中に混じるという特有の分泌の仕方をする。このため分泌物は特有の臭気をもつことがある。幼児期には発育が悪く,思春期になって急速に発達する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アポクリンせん【アポクリン腺 apocrine gland】

分泌機能をいとなむの一種。腺細胞において,分泌物が細胞体外へ放出される方法には,全分泌,離出分泌,開口分泌などがあるが,離出分泌はアポクリン分泌apocrine secretionともいい,アポクリン分泌を起こす細胞群からできた腺をアポクリン腺という。離出分泌とは,細胞表面に大きい細胞質の突起ができて,その根元がくびれて離断し,分泌物になるものである。例としては,腋窩(えきか)の離出汗腺(アポクリン汗腺),耳道腺,乳腺などがあげられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アポクリンせん【アポクリン腺】

腋窩えきか・肛門周囲・外耳道・まぶた・乳暈にゆううんなど、体の特定の部位にある汗腺。性ホルモンの影響を強く受け、思春期に活動が始まる。分泌物には固有の臭気があり、これが体臭となる。大汗腺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアポクリン腺の言及

【汗】より


[汗腺と発汗]
 汗腺は小さな管状腺で,その分泌部は深層の真皮層内にあり,そこで作られた汗(原汗という)は導管を通って皮膚表面に運ばれ蒸発する。汗腺にはアポクリン腺(大汗腺)とエクリン腺(小汗腺)の2種がある。アポクリン腺の導管は毛根に開孔するが,エクリン腺は毛には無関係に皮膚に開孔する。…

【汗腺】より

…哺乳類の皮膚腺の一種で,汗を分泌する。一般の表皮から発生する小汗腺(エクリン腺とも呼ばれ,普通の汗を分泌する)と,表皮性毛囊に由来する大汗腺(アポクリン腺とも呼ばれ,粘稠(ねんちゆう)かつ臭気を帯びた液を分泌する)の2種が区別され,前者は漏出分泌(エクリン)型,後者は離出分泌(アポクリン)型である。一般に哺乳類の汗腺は離出分泌型で,足指の裏の趾球(しきゆう)のみが漏出分泌腺である。…

※「アポクリン腺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android