コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマナ

百科事典マイペディアの解説

アマナ

日当りのよい平地の草原にはえるユリ科多年草。本州〜九州,中国に分布。葉は地下の鱗茎から2個出て柔らかく,線形で幅5〜10mm。花茎は高さ15〜30cm。早春,茎頂に1花をつけ,花の下に線形の包片が3個ある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

アマナ

正式社名「株式会社アマナ」。英文社名「amana inc.」。サービス業。昭和54年(1979)「アーバンパブリシティ株式会社」設立。平成9年(1997)「株式会社アマナ」に改称。同20年(2008)持株会社化にともない「株式会社アマナホールディングス」に改称。同26年(2014)事業子会社を吸収合併し、現在の社名に変更。本社は東京都品川区東品川。広告・パンフレットなどに使用する写真を企画・撮影。写真データベースによる販売も行う。東京マザーズ上場。証券コード2402。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマナ
あまな / 甘菜
[学]Amana edulis (Miq.) Honda

ユリ科の多年草。鱗茎(りんけい)は卵形、地中深くにあり、鱗片の内側には褐色の軟毛が密生する。2個の線形をした根出葉を出す。4~5月ごろ、高さ15~25センチメートルの花茎を伸ばし、その先端に1個、まれに3個、径2.5センチメートルほどの花をつける。花被片は披針(ひしん)形で紫色を帯びた脈がある。雄しべは花被片の半分の長さである。子房はとっくり形で、成熟すると3稜(りょう)のある(さくか)となる。福島県以西の本州、四国、九州、奄美(あまみ)大島、さらに朝鮮から中国にかけてやや広く分布する。鱗茎は苦味がなく、なまで食べられるので、アマナまたはムギグワイの名がある。地中海地方から中東にかけての乾燥地を中心に広く分布するチューリップ属Tulipaにごく近縁である。[河野昭一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アマナの関連キーワードアナビリャーナス国立公園愛媛県南宇和郡愛南町マナオ・トゥパパウアマナ自然保護区ジャウー国立公園キバナノアマナオーニソガラムヒロハノアマナ津奈木[町]御所浦[町]御荘〈町〉鶴見[町]ナツミカン田浦[町]有明[町]ムギグワイガリレイ南京水仙松葉百合津奈木町

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android