コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミルアルコール amyl alcohol

翻訳|amyl alcohol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミルアルコール
amyl alcohol

化学式 C5H12O 。炭素原子のつながり方,OH の位置の違いなどにより次の8種類の異性体があり,いずれも特有の臭いを有する無色の物質である。 n -アミルアルコール (沸点 137℃) ,sec -アミルアルコール (118.5℃) ,tert -アミルアルコール (102℃) ,イソアミルアルコール (132℃) ,sec -イソアミルアルコール (110~112℃) ,活性アミルアルコール (128℃) ,ジエチルカルビノール (115.5℃) ,ネオペンチルアルコール (113℃) 。フーゼル油の主成分である発酵アミルアルコールは,イソアミルアルコールと活性アミルアルコールの混合物で,特有な不快臭のある液体である。以上の化合物のうち,sec -イソアミルアルコール,活性アミルアルコール分子は不斉炭素原子をもち,その化合物は光学異性を示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アミルアルコール

化学式はC5H11OH。ペンタノールとも。8種の異性体がある。n‐アミルアルコールCH3(CH23CH2OHは融点−78.85℃,沸点138.25℃。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

アミルアルコール

 C5H12O (mw88.15).CH3(CH2)4OH.1-ペンタノールともいう.アルコール(エタノール)発酵の副産物として生成するアルコールの一つ.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アミルアルコール【amyl alcohol】

炭素数5個の脂肪族飽和アルコール(一般式C5H11OH)。8種の異性体があるが,そのおもなものを表に示す。アミルアルコールの名称は,ギリシア語のamylon(デンプン)に由来し,アルコール発酵の際の副生物であるフーゼル油に主成分として含まれる。これは発酵アミルアルコールと呼ばれ,イソアミルアルコールと活性アミルアルコールの混合物である。現在では,ガソリンのC5留分(ペンタン,イソペンタン)を塩素化したのち加水分解するか,ブテンからオキソ法などにより混合物として製造されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アミルアルコール【amyl alcohol】

脂肪族飽和アルコールで無色の液体。化学式 C5H11OH 不快なにおいをもつ。ペンタノール。
アルコール発酵の副生物で化学式が C5H11OH の異性体混合物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アミルアルコール
あみるあるこーる

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アミルアルコールの関連キーワードリーフアルコールイソロイシンイパーチェフゲルベル試験硝酸カリウム亜硝酸アミルイソペンタン酢酸ペンチルギリシア語ペンタンデンプン吉草酸異性体ブテン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android