コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミルアルコール アミルアルコール amyl alcohol

翻訳|amyl alcohol

7件 の用語解説(アミルアルコールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミルアルコール
アミルアルコール
amyl alcohol

化学式 C5H12O 。炭素原子のつながり方,OH の位置の違いなどにより次の8種類の異性体があり,いずれも特有の臭いを有する無色の物質である。 n -アミルアルコール (沸点 137℃) ,sec -アミルアルコール (118.5℃) ,tert -アミルアルコール (102℃) ,イソアミルアルコール (132℃) ,sec -イソアミルアルコール (110~112℃) ,活性アミルアルコール (128℃) ,ジエチルカルビノール (115.5℃) ,ネオペンチルアルコール (113℃) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アミル‐アルコール(amyl alcohol)

脂肪族飽和アルコールの一。糖分が発酵するとき、エチルアルコールとともに生じる無色の液体。フーゼル油主成分。有毒。酢酸アミルの原料・溶剤などにする。ペンタノール

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アミルアルコール

化学式はC5H11OH。ペンタノールとも。8種の異性体がある。n‐アミルアルコールCH3(CH23CH2OHは融点−78.85℃,沸点138.25℃。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

アミルアルコール

 C5H12O (mw88.15).CH3(CH2)4OH.1-ペンタノールともいう.アルコール(エタノール)発酵の副産物として生成するアルコールの一つ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アミルアルコール【amyl alcohol】

炭素数5個の脂肪族飽和アルコール(一般式C5H11OH)。8種の異性体があるが,そのおもなものを表に示す。アミルアルコールの名称は,ギリシア語のamylon(デンプン)に由来し,アルコール発酵の際の副生物であるフーゼル油に主成分として含まれる。これは発酵アミルアルコールと呼ばれ,イソアミルアルコールと活性アミルアルコールの混合物である。現在では,ガソリンのC5留分(ペンタン,イソペンタン)を塩素化したのち加水分解するか,ブテンからオキソ法などにより混合物として製造されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アミルアルコール【amyl alcohol】

脂肪族飽和アルコールで無色の液体。化学式 C5H11OH 不快なにおいをもつ。ペンタノール。
アルコール発酵の副生物で化学式が C5H11OH の異性体混合物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アミルアルコール
あみるあるこーる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アミルアルコールの関連キーワード二重結合不斉炭素原子ベンゼン環炭素鎖ワープドナノグラフェンエピマー化ファントホッフの加算の原則化学式量擬不斉炭素原子炭素原子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone