コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヤニシキ アヤニシキ Martensia denticulata

2件 の用語解説(アヤニシキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アヤニシキ
アヤニシキ
Martensia denticulata

紅藻類イギスコノハノリ科。基部は扇を広げたような形で膜質。頂部縁辺は幅広い網状体になっている。通常は高さ5~15cm,まれに 30cmに及ぶ。軟質で淡水に入れると崩壊しやすいが,台紙上に取って乾燥したものは美しい紅色の標本となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アヤニシキ
あやにしき / 綾錦
[学]Martensia denticulata Harvey

紅藻植物、コノハノリ科の海藻。鮮紅色で、フェルト状の触感をもつ薄膜扁平(へんぺい)葉状体をなす。根部近くはすきまのない薄膜だが、上半部は編み目がはっきりとわかるレース状となる。老成体ではレースが切れ状になり、小粒の生殖器官をもつ場合が多い。暖海性で、関東以西の外海で春から夏にかけてよくみられ、海中では燐(りん)光を発して美しい。名もその美麗さに由来するが、海中から出した後は原形が崩れやすい。[新崎盛敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アヤニシキの関連キーワードアマノリ海髪恵胡海苔紅藻紅藻植物松海苔アサクサノリアミクサフノリコノハノリ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone