コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヤニシキ Martensia denticulata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アヤニシキ
Martensia denticulata

紅藻類イギス目コノハノリ科。基部は扇を広げたような形で膜質。頂部縁辺は幅広い網状体になっている。通常は高さ5~15cm,まれに 30cmに及ぶ。軟質淡水に入れると崩壊しやすいが,台紙上に取って乾燥したものは美しい紅色の標本となる。低潮線から漸深帯の波静かな海中岩石や他の藻類にいくつも重なって着生する。本州中部以南の沿岸,内海にみられ,南太平洋に広く分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アヤニシキ
あやにしき / 綾錦
[学]Martensia denticulata Harvey

紅藻植物、コノハノリ科の海藻。鮮紅色で、フェルト状の触感をもつ薄膜扁平(へんぺい)葉状体をなす。根部近くはすきまのない薄膜だが、上半部は編み目がはっきりとわかるレース状となる。老成体ではレースが切れ状になり、小粒の生殖器官をもつ場合が多い。暖海性で、関東以西の外海で春から夏にかけてよくみられ、海中では燐(りん)光を発して美しい。名もその美麗さに由来するが、海中から出した後は原形が崩れやすい。[新崎盛敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アヤニシキの関連キーワード富岡海域公園地区

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android