アラウ(英語表記)Arrau, Claudio

  • 1903―1991
  • Arau
  • Claudio Arrau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1903.2.6. チーヤリン
[没]1991.6.9. ミュルツツーシュラーク
アメリカチリのピアノ奏者。5歳で演奏を始め,7歳でチリ政府から派遣されてベルリンで学ぶ。 1927年ジュネーブ国際コンクールに優勝。 40年までベルリンに居住したあとアメリカに移る。 65年来日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

チリ生れのピアノ奏者。幼くして無類の天分をみせ5歳でデビュー。サンティアゴの音楽院で学んだのちベルリンに留学し,リストの高弟M.クラウゼに師事。1914年ベルリンで正式デビューした。1924年―1940年母校シュテルン音楽院の教授を務め,1940年サンティアゴにピアノ学院を設立。1979年米国市民権を取得。ラテン的な輝かしい音色とドイツ的構築性を合わせ持ち,ベートーベンやロマン派に名演を聴かせた。ベートーベンのピアノ・ソナタ全集の校訂も手がけている。1965年に初来日。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チリのピアノ奏者。少年時代チリ政府の援助を得てベルリンに留学、リストの直系マルティン・クラウゼに学ぶ。1927年ジュネーブ国際コンクールに優勝後、世界各地で活発な演奏活動を行う。1965年(昭和40)初来日。初めシューマン、リスト、ショパンなどロマン派の作品を得意にしていたが、第二次世界大戦後はベートーベン弾きとしても名を高めた。風格を感じさせる大家である。

[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アラウの関連情報