コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラウ Arrau, Claudio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラウ
Arrau, Claudio

[生]1903.2.6. チーヤリン
[没]1991.6.9. ミュルツツーシュラーク
南アメリカ,チリのピアノ奏者。5歳で演奏を始め,7歳でチリ政府から派遣されてベルリンで学ぶ。 1927年ジュネーブ国際コンクールに優勝。 40年までベルリンに居住したあとアメリカに移る。 65年来日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アラウ(Arau)

マレーシア、マレー半島北西部、プルリス州の町。州都カンガーの南東約15キロメートルに位置する。同州の王都として知られ、スルターンが居住する赤い屋根の王宮や州立モスクがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アラウ

チリ生れのピアノ奏者。幼くして無類の天分をみせ5歳でデビュー。サンティアゴの音楽院で学んだのちベルリンに留学し,リストの高弟M.クラウゼ師事。1914年ベルリンで正式デビューした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラウ
あらう
Claudio Arrau
(1903―1991)

チリのピアノ奏者。少年時代チリ政府の援助を得てベルリンに留学、リストの直系マルティン・クラウゼに学ぶ。1927年ジュネーブ国際コンクールに優勝後、世界各地で活発な演奏活動を行う。1965年(昭和40)初来日。初めシューマン、リスト、ショパンなどロマン派の作品を得意にしていたが、第二次世界大戦後はベートーベン弾きとしても名を高めた。風格を感じさせる大家である。[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アラウの関連キーワードアブテル・ラーマン エル・バシャドント・ウォーリー・ベイビーエルシーリャ・イ・スーニガタイム・イン・ア・ボトルターンアラウンドビジネスエルシリャ・イ・スニガエルシリャ・イ・スニガイギリスビルマ戦争キーアン イーガンシェーン フィランマーク フィーリーシェリル コールレスポンスタイムニッキー バーンプラチナエイジアラウシオの戦アラウンパヤ朝雲の中で散歩アラウィー派ヌサイリー派

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アラウの関連情報