コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラスカ半島 アラスカはんとうAlaska Peninsula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラスカ半島
アラスカはんとう
Alaska Peninsula

アメリカ合衆国,アラスカ州の南西部から南西方向に突出した細長い半島。全長 800km以上もあり,北太平洋とベーリング海ブリストル湾とを分けている。アリューシャン火山帯が半島全体に延び,その延長は火山列島であるアリューシャン列島となって,カムチャツカ半島東方のコマンドル島に及んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アラスカ半島【アラスカはんとう】

アラスカ南西部に細長く突出する半島。長さ800km。太平洋とベーリング海のブリストル湾を分ける。カトマイ山などの火山が連続。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラスカはんとう【アラスカ半島 Alaska Peninsula】

アメリカ合衆国アラスカ州南西部の半島。太平洋とベーリング海にはさまれて南西方向に約800kmにわたって延び,アレウト列島に続く。中央をアレウト山脈が走り火山が多く,北東部には活火山のカトマイ山(2047m)を中心にカトマイ国定記念物がある。気候は湿潤冷涼で霧が頻繁に発生し,植生は草原が支配的である。人口は少なく,沿岸部に集中しており,漁業が中心産業である。【矢ヶ崎 典隆】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アラスカはんとう【アラスカ半島】

アラスカ州南西部の太平洋に突き出た半島。火山が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラスカ半島
あらすかはんとう
Alaska Peninsula

北アメリカ北西部、アメリカ合衆国のアラスカ州南西部に突出する狭長な半島。長さ約760キロメートル。東はアラスカ山脈、西はアリューシャン列島に接続し、これらをあわせてアラスカ・アリューシャン地域という地理的単位をなす。また半島と列島をあわせた一続きの山脈をアリューシャン山脈またはアリューシャン弧とよぶことがある。半島には列島とともに多くの火山やカルデラがあり、なかでも1912年の噴出で形成されたカトマイ火山(2047メートル)のカルデラは有名。氷食地形も多い。[鶴見英策]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アラスカ半島の関連キーワードアリューシャン海溝オオトウゾクカモメチュウシャクシギアラスカ[山脈]アレウト[列島]トド(海馬∥魹)ハシボソキツツキカトマイ国立公園コディアク[島]オオセグロカモメオオソリハシシギミツユビカモメアラスカ[州]ハシグロヒタキカトマイ[山]コディアク島オオハシシギハクトウワシユーニマク島アリュート語

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アラスカ半島の関連情報