コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラスカ地震 アラスカじしん Alaska earthquake of 1964

3件 の用語解説(アラスカ地震の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラスカ地震
アラスカじしん
Alaska earthquake of 1964

1964年3月27日,アメリカ合衆国アラスカ州中南部で発生した地震。マグニチュードM)はリヒタースケール(→リヒター)で 9.2。地震で放出されたエネルギーは 1906年のサンフランシスコ地震少なくとも 2倍とみられ,ほぼ 130万km2にわたってゆれが感知された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アラスカ‐じしん〔‐ヂシン〕【アラスカ地震】

アラスカ周辺で多発する地震。この地域では太平洋プレート北アメリカプレートの下に潜り込むことによって地震が多く発生する。1964年3月27日にはマグニチュード9.2の地震が発生し、被害域は13万平方キロメートルに及んだ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラスカ地震
あらすかじしん

アメリカ大陸のアラスカ周辺でおきる地震。この地域は世界でも有数の地震発生域で、巨大地震が多発する。この地域の巨大地震は、海洋プレートの沈み込みに伴い発生する逆断層型で、地震断層はきわめて大きく、津波を伴うことが特徴である。
 1964年3月28日のアラスカ地震はマグニチュード(M)9.2と格段に規模が大きく、破壊継続時間も3~4分と長く、被害域は13万平方キロメートルに及んだ。地震動、地殻変動、大津波などによる損害は3億ドルと推定されている。休日の夕方に発生したため死傷者は少なかったが、アメリカのアラスカ州では死者115人を数えた。[脇田 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラスカ地震の関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカン合衆国ネブラスカ米利堅亜米利加アメリカ連合国アメリカ合衆国最高裁判所アメリカ合衆国陸軍士官学校

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アラスカ地震の関連情報