コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラビア医学 アラビアいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラビア医学
アラビアいがく

7世紀にイスラム教が興って広大なイスラム文化圏を形成した時代にそこで行われた医学。その源は古代ギリシアおよびローマ医学で,これにインドおよび中国の医学知識が加わり,錬金術など新しい方法も独自に開発されて,物知識の豊富なアラビア医学が形成された。 11世紀末にサレルノ医学校が興隆したことは,アラビア医学と西欧キリスト教医学との結合の道を開き,アラビア語に訳されていた古代ギリシア医学の文献がここで再びラテン語に訳され,その後のヨーロッパの医学の発達に多大な影響を与えるにいたった。今日アラビア医学は,その独創性は認められているものの,古代ギリシア医学を文化遺産として後世に伝えたことのほうで,より評価されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラビアいがく【アラビア医学】

中世のイスラム世界で行われた医学のことで,西アジアから中央アジア,インド,北アフリカ,イベリア半島にまで広がった。アラビア医学という呼称は,その文献がほとんどアラビア語で書かれているためであるが,その担い手は,アラブ人イスラム教徒に限らない。7世紀にイスラムの興る以前に,アラビア半島で最もはびこった病気はマラリア,結核,トラコーマ結膜炎アメーバ赤痢天然痘癩病,種々の寄生虫による病気,くる病,壊血病その他であり,眼病による失明者の多かったことも,眼疾を意味する言葉の多様さからうかがえる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアラビア医学の言及

【医学】より

… ここでは主として,ヨーロッパと日本の医学の歴史について述べる。インド,アラビア,中国の医学の歴史については,それぞれ〈インド医学〉〈アラビア医学〉〈中国医学〉の各項目を参照されたい。
【古代の医学】
 文明の発祥地とされているティグリス川,ユーフラテス川,ナイル川など,いずれの地域における古代国家においても,医療は,かなり重要な技術とされ,国家によって制度化され,国家宗教や支配階層の信ずる呪術と結びついていた。…

※「アラビア医学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アラビア医学の関連キーワードコンスタンチヌス・アフリカヌスアブル・カーシムサレルノ大学モンディノガレノス医学典範ラージー伝統医学カノン義歯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android