コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラビア医学 アラビアいがく

2件 の用語解説(アラビア医学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラビア医学
アラビアいがく

7世紀にイスラム教が興って広大なイスラム文化圏を形成した時代にそこで行われた医学。その源は古代ギリシアおよびローマ医学で,これにインドおよび中国の医学知識が加わり,錬金術など新しい方法も独自に開発されて,薬物知識の豊富なアラビア医学が形成された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アラビアいがく【アラビア医学】

中世のイスラム世界で行われた医学のことで,西アジアから中央アジア,インド,北アフリカイベリア半島にまで広がった。アラビア医学という呼称は,その文献がほとんどアラビア語で書かれているためであるが,その担い手は,アラブ人イスラム教徒限らない。7世紀にイスラムの興る以前に,アラビア半島で最もはびこった病気はマラリア,結核,トラコーマ結膜炎アメーバ赤痢天然痘,癩病,種々の寄生虫による病気,くる病,壊血病その他であり,眼病による失明者の多かったことも,眼疾を意味する言葉の多様さからうかがえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアラビア医学の言及

【医学】より

… ここでは主として,ヨーロッパと日本の医学の歴史について述べる。インド,アラビア,中国の医学の歴史については,それぞれ〈インド医学〉〈アラビア医学〉〈中国医学〉の各項目を参照されたい。
【古代の医学】
 文明の発祥地とされているティグリス川,ユーフラテス川,ナイル川など,いずれの地域における古代国家においても,医療は,かなり重要な技術とされ,国家によって制度化され,国家宗教や支配階層の信ずる呪術と結びついていた。…

※「アラビア医学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アラビア医学の関連キーワードイスラム音楽イスラム哲学イスラム美術汎イスラム主義イードアルアドハーアズハルダール・アルイスラームパン・イスラム主義イスラム世界イスラム世界会議

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone