アランソン(読み)あらんそん(英語表記)Alençon

日本大百科全書(ニッポニカ)「アランソン」の解説

アランソン
あらんそん
Alençon

フランス北西部、オルヌ県の県都。人口2万8935(1999)。パリの西195キロメートル、サルト川に沿う。8世紀からの古い町で、ゴシック様式の大聖堂で知られる。17世紀中ごろに始まったポアン・ダランソンpoint d'Alençonというレース編が盛んである。第二次世界大戦によって大きな被害を受けたが、戦後、機械・電気工業を中心とした新しい工業化は、行政・商業機能の充実とともに人口増加を促した。大聖堂(15~16世紀)、美術館、レース博物館など歴史的建造物も多い。

[高橋伸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アランソン」の解説

アランソン
Alençon

フランス北西部,オルヌ県の県都。サルト川とブリアント川の合流点に位置する。 17世紀にベネチアから導入されたレースやチュール (網状の薄絹) の生産で知られる。第2次世界大戦末期に戦火を受けたが,中世のメゾンドゼや 18世紀の市役所などが残っている。リジューの聖テレーズは 1873年にここで生れ,ノートル・ダム聖堂 (13~18世紀建造) で洗礼を受けた。人口3万 1139 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「アランソン」の解説

アランソン【Alençon】

フランス北西部,ノルマンディー地方,オルヌ県の県都。人口3万1000(1990)。アルモリカン山地東端をなす〈エクーブの森〉のにあり,ロアール川支流のサルト川上流に面する。17世紀以来のレース工業で知られ,ノートル・ダム教会(15~18世紀)はゴシックフランボアイヤン様式で名高い。周囲のアランソン平野ではボカージュと呼ばれる生垣に囲まれた耕作地と開けた小麦畑が混在し,牧畜(乳牛)が盛んである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android