コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリューシャン低気圧(読み)アリューシャンていきあつ(英語表記)Aleutian low

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリューシャン低気圧
アリューシャンていきあつ
Aleutian low

北半球の亜寒帯低圧帯のうちアリューシャン列島付近に中心をもつ発達した低気圧冬季に最も発達し,アラスカ西部,カムチャツカ半島を覆う。しかし夏季にはほとんど消滅してしまう。北アメリカ大陸北部の天候と密接な関係をもち,冬季北アメリカ大陸の太平洋岸に南寄りの風をもたらす。さらにアイスランド低気圧とともに,その消長北半球全体の天候をも左右する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アリューシャン‐ていきあつ【アリューシャン低気圧】

アリューシャン列島の海域にほぼ定常的に存在する大きな低気圧。冬に最も発達し、夏は弱まる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アリューシャンていきあつ【アリューシャン低気圧 Aleutian low】

地球を1周する大規模な上空の偏西風の流れは,アジア大陸の地形と,アジア大陸と北太平洋上の間の温度差の影響で,南北に大きく蛇行し,冬季には大陸東岸に停滞性の南北にのびる大きな低圧部,アラスカ上空に停滞性の高圧部をつくる。大陸の東岸から日本付近に発生する地上の低気圧は,この上空の南西の流れに支配されて北東に進んで発達し,アレウト(アリューシャン)列島の海域でその最終段階を終える。比喩的にこの海域は低気圧の墓場とも呼ばれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アリューシャンていきあつ【アリューシャン低気圧】

北太平洋の北部、アリューシャン海域に発達する低気圧。冬季に強くなり、夏はほとんど消滅する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android