コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカリ融解 アルカリゆうかい alkali fusion

3件 の用語解説(アルカリ融解の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルカリ融解
アルカリゆうかい
alkali fusion

(1) ケイ酸塩,鉄,マンガンマグネシウム鉱,硫酸塩,錫石,カーボランダムなどの天然試料あるいは化合物は,固体の水酸化アルカリ炭酸ナトリウムまたは炭酸カリウムなどと加熱すると融解し分解される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アルカリゆうかい【アルカリ融解 alkali fusion】

(1)200~350℃で溶融した水酸化アルカリ中で有機化合物化学変化を起こさせる操作。アルカリ溶融ともいう。脂肪酸アルカリ融解すると,炭素数が2原子少ない酸および酢酸CH3COOHに分解する。芳香族スルホン酸を水酸化ナトリウムでアルカリ融解すると,下記の式に従ってスルホン酸が分解してフェノール類のナトリウム塩が生成する。 RSO3H+3NaOH―→RONa+Na2SO3+2H2Oこの反応はフェノールのほか,染料合成の重要中間体となるβ‐ナフトールなどの工業的製造にも使われているが,実験室で使われることはほとんどない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルカリ融解
あるかりゆうかい
alkali fusion

固体の水酸化アルカリを熱して融解させ、その中で水に難溶性の種々の物質を反応させて水溶性の物質にすることなどをいう。無機化合物では、酸に溶けにくい金属の酸化物、硫化物、ケイ酸塩などを分解するのにこの方法がよく用いられる。たとえば、水酸化ナトリウム(融点328℃)と試料とをよく混ぜ、500℃程度で1時間加熱すると、多くの場合、可溶性の物質とすることができる。これらの操作には酸化剤を加えることもあり、また容器としては鉄、ニッケル、金、銀などの高温でもアルカリにおかされないものを使う。有機化合物では少量の水が含まれることが多く、普通200~350℃で反応させるが、たとえば、脂肪酸ではもとの酸よりも炭素が2原子少ない酸と酢酸とに分解し、芳香族ハロゲン置換体、スルホン酸などはフェノールとなる。工業的には染料の製造などに広く用いられる。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルカリ融解の関連キーワードアンチモン酸酸度水酸化物イオン水酸化アルミニウムバイヤー法水酸化多酸塩基両性水酸化物水酸化珪素水酸化アルミニウムゲル

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone