コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルキペンコ Archipenko, Alexander

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルキペンコ
Archipenko, Alexander

[生]1887.5.30. キエフ
[没]1964.2.25. ニューヨーク
ロシア生れのアメリカの彫刻家。 1902~05年キエフの美術学校に学ぶ。 08年パリに出てピカソやブラックのキュビスムの影響を受け,それを彫刻で実践した。 1910年代,原始彫刻への関心から形態の単純化を進め,空洞のある人体像,彩色彫刻,異質な素材を組合せた作品を次々に発表し,20世紀彫刻の先駆となる。 12年セクシオン・ドールに出品,13年アーモリー・ショーに展示。短期間ベルリンに滞在,23年渡米し,28年アメリカに帰化。パリ,ベルリン,ニューヨーク,ロサンゼルスなどに学校を開き,美術教育家としても功績を残す。代表作『メドラノ II』 (グッゲンハイム美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アルキペンコ

米国の彫刻家。英語読みで〈アーキペンコ〉とも。ロシアのキエフ生れ。キエフの美術学校で学んだのち,1911年パリに出,キュビストたちと交わる。空虚・空間をマッスと対等に扱い,凹面の造形による有と無の逆転を試みた。
→関連項目ガボ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルキペンコ【Alexander Archipenko】

1887‐1964
フランス,アメリカで活躍したロシア出身のキュビスムの彫刻家。生地キエフで絵画と彫刻を学び,1908年にパリに出る。12年に〈セクシヨン・ドールsection d’or〉展に参加し,キュビスムの造形手法の彫刻への応用を開始する。《メドラノII》(1914)のような作品では絵画と彫刻の融合を試みたが,その後の作品では,人体の凸部を故意にへこませるなど,有と無の概念の逆転によって,従来の彫刻における空間のとらえ方を打破している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アルキペンコ【Alexander Porfir'evich Archipenko】

1887~1964) ロシア生まれのアメリカの彫刻家。キュビスム彫刻を代表する一人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルキペンコ
あるきぺんこ
Alexander Porfirowiz Archipenko
(1887―1964)

ロシアのキエフ(現、ウクライナ領)に生まれアメリカに帰化した彫刻家。アーキペンコとも表記される。キエフとモスクワの美術学校で学んだのち、1908年パリに出て、古代エジプトやアフリカの彫刻を学ぶ。キュビスムの画家たちとの親交を契機に、いち早くその理念を彫刻に導入し、キュビスム彫刻の創始者の一人となった。『メドラノ・サーカス』(1912)をはじめ、ガラス、木、布など多様な素材と大胆な色彩を駆使した「絵画―彫刻」を制作し、また凹面や虚の空間部分を彫刻のなかに取り入れて、それにマッス(量塊)の部分と同等の意味を与えるなど、空間の扱い方に関して興味深い探求をみせた。1921年ベルリンに移り、1923年渡米。以後ワシントン大学、シカゴのニュー・バウハウスをはじめ各地の大学で教鞭(きょうべん)をとるとともに、シカゴやニューヨークに学校を開き、「アーキペンチューラ」とよぶ動く絵画を制作した。また1946年ごろからはアクリルや電光を使う新しい彫刻を手がけた。1964年2月26日ニューヨークで没。[千葉成夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アルキペンコの関連キーワードペブスナー(Antoine Pevsner)ロシア美術ピカソ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android