アルコール飲料(読み)アルコールいんりょう(英語表記)alcoholic beverage

  • アルコールいんりょう ‥インレウ
  • アルコールいんりょう〔インレウ〕

大辞林 第三版の解説

アルコールを含む飲み物。日本酒・ウイスキー・葡萄ぶどう酒・ビールなどの酒類の総称。 → 酒類

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルコールを含む飲料、いわゆる酒類のこと。酒税法では1%(1度)以上のアルコールを含む飲料を酒類といい、自由に製造したり販売することを禁じている。同法で酒類は、清酒合成清酒、しょうちゅう(焼酎)、みりん、ビール、果実酒類(果実酒と甘味果実酒)、ウイスキー類(ウイスキーとブランデー)、スピリッツ類、リキュール類、雑酒の10種類に分類され、税率と、品目が定められている。なお、かつては清酒など一部に特級、1級など級別が定められていたが、1989年(平成1)以降廃止された。
 製法上では醸造酒、蒸留酒、混成酒の3種に分けられる。[秋山裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 アルコールを含む飲みもの。ビール、日本酒、ぶどう酒、ウイスキーなどの酒類の総称。製造法により発酵酒、蒸留酒、混成酒の三種に分けられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のアルコール飲料の言及

【飲料工業】より

…飲料はアルコール飲料と非アルコール飲料に大きく分類され,これらの製造業を飲料工業という。アルコール飲料すなわち類は清酒ビールウィスキーブドウ酒などがおもなもので,非アルコール飲料には炭酸飲料,果実飲料,濃厚乳酸飲料などの清涼飲料のほか,コーヒー紅茶緑茶などが含まれ,その裾野は広い。…

※「アルコール飲料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルコール飲料の関連情報