コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルコール飲料 アルコールいんりょうalcoholic beverage

6件 の用語解説(アルコール飲料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルコール飲料
アルコールいんりょう
alcoholic beverage

成分の中に1%以上のアルコール分 (酒清) を含む飲料の総称。酒清飲料。 (→ )

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アルコール‐いんりょう〔‐インレウ〕【アルコール飲料】

アルコールを含む飲み物。日本酒・ビールワインウイスキーなど。製造法では発酵酒・蒸留酒・混成酒の3種に分けられる。酒類

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

アルコール飲料

 エタノールを含む飲料.酒,ワイン,ビール,ウイスキー,ブランデーなどの総称.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

アルコールいんりょう【アルコール飲料】

アルコールを含む飲み物。日本酒・ウイスキー・葡萄ぶどう酒・ビールなどの酒類の総称。 → 酒類

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

飲み物がわかる辞典の解説

アルコールいんりょう【アルコール飲料】


アルコール分を含んだ飲み物。日本酒、ビール、ワイン、ウイスキーなど、酒類の総称。

出典|講談社
飲み物がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルコール飲料
あるこーるいんりょう

アルコールを含む飲料、いわゆる酒類のこと。酒税法では1%(1度)以上のアルコールを含む飲料を酒類といい、自由に製造したり販売することを禁じている。同法で酒類は、清酒、合成清酒、しょうちゅう(焼酎)、みりん、ビール、果実酒類(果実酒と甘味果実酒)、ウイスキー類(ウイスキーとブランデー)、スピリッツ類リキュール類、雑酒の10種類に分類され、税率と、品目が定められている。なお、かつては清酒など一部に特級、1級など級別が定められていたが、1989年(平成1)以降廃止された。
 製法上では醸造酒、蒸留酒、混成酒の3種に分けられる。[秋山裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアルコール飲料の言及

【飲料工業】より

…飲料はアルコール飲料と非アルコール飲料に大きく分類され,これらの製造業を飲料工業という。アルコール飲料すなわち類は清酒ビールウィスキーブドウ酒などがおもなもので,非アルコール飲料には炭酸飲料,果実飲料,濃厚乳酸飲料などの清涼飲料のほか,コーヒー紅茶緑茶などが含まれ,その裾野は広い。…

※「アルコール飲料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルコール飲料の関連情報