コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルタクセルクセス1世 アルタクセルクセスいっせいArtaxerxēs I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルタクセルクセス1世
アルタクセルクセスいっせい
Artaxerxēs I

[生]?
[没]前424. エラム,スーサ
アケメネス朝ペルシアの王 (在位前 465~424) 。ペルシア名アルタクシャトゥラ。「長腕」とあだ名される。クセルクセス1世の子。近衛隊長の力で王となったが,隊長が父王を暗殺すると,隊長をみずからの手で殺害した。在位中は概して平穏であったが,バクトリアに封じられた兄弟の反乱,アテネと結んだエジプトの反乱などがあり,特に後者の鎮圧には長期 (前 460~454) を要した。前 448年アテネおよび同盟諸国と講和条約を締結,ペルシア戦争を終結させた。ペロポネソス戦争では中立を守った。善良な性質だったが,母親アメストリスの横暴を許したという。彼の死後ペルシア帝国は次第に衰運に向った。王墓はペルセポリス北方のナクシイルスタンにある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アルタクセルクセス1世の関連キーワードアルタクセルクセス(2世)ナクシェ・ロスタム遺跡ナクシュ・イ・ロスタムダレイオス[2世]ダリウス(3世)ナグシェロスタムテミストクレスカリアスの和約ダレイオス2世クセルクセスマグネシアイナロスネヘミアエラムエズラ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android