アルタクセルクセス1世(読み)アルタクセルクセスいっせい(英語表記)Artaxerxēs I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルタクセルクセス1世
アルタクセルクセスいっせい
Artaxerxēs I

[生]?
[没]前424. エラム,スーサ
アケメネス朝ペルシアの王 (在位前 465~424) 。ペルシア名アルタクシャトゥラ。「長腕」とあだ名される。クセルクセス1世の子。近衛隊長の力で王となったが,隊長が父王を暗殺すると,隊長をみずからの手で殺害した。在位中は概して平穏であったが,バクトリアに封じられた兄弟の反乱,アテネと結んだエジプトの反乱などがあり,特に後者の鎮圧には長期 (前 460~454) を要した。前 448年アテネおよび同盟諸国と講和条約を締結,ペルシア戦争を終結させた。ペロポネソス戦争では中立を守った。善良な性質だったが,母親アメストリスの横暴を許したという。彼の死後ペルシア帝国は次第に衰運に向った。王墓はペルセポリス北方のナクシイルスタンにある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android