コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルツィバーシェフ Mikhail Petrovich Artsïbashev

百科事典マイペディアの解説

アルツィバーシェフ

ロシアの作家。20世紀初頭に性の文学としてもてはやされた長編《サーニン》(1907年)などが有名。革命後はポーランドに亡命。
→関連項目武林無想庵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルツィバーシェフ【Mikhail Petrovich Artsybashev】

1878‐1927
ロシアの小説家。自由主義的な社会批判の色濃い短編小説作家として,1901年文壇に登場したが,05年の革命以後,ロシア・インテリゲンチャの挫折感を反映した作品を書き,性と暴力と死の描写にもっぱら取り組んだ。自由恋愛と肉欲の解放を説いた長編小説《サーニン》(1907)は〈性の解放〉を主張する20世紀ヨーロッパ文学一般の時流に投じ,世界的なセンセーションを呼んだ。アルツィバーシェフは,ニーチェ風の個人主義,アンドレーエフ流のニヒリズム,ロシア象徴派の〈愛と死の神秘思想〉の影響を受けた典型的なモダニズムの作家であるが,他方トルストイやドストエフスキーの影響も強く(例えば小説《ランデの死》(1904)におけるムイシキン公爵的主人公の唱える悪に対する無抵抗),《サーニン》も自らの感覚的欲望に忠実であれという主張の是非は別として,ロシアの求道者文学の伝統のうえにある作品である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アルツィバーシェフ【Mikhail Petrovich Artsybashev】

1878~1927) ロシアの小説家。恋愛の自由と性の解放を唱えた。代表作「サーニン」「最後の一線」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルツィバーシェフ
あるつぃばーしぇふ
Михаил Петрович Арцыбашев Mihail Petrovich Arts bashev
(1878―1927)

ロシアの小説家。小貴族、郡警察署長の息子として生まれる。1901年に『パーシャ・トゥマーノフ』で文壇に登場。初めはリベラルなテーマを扱っていたが1905年の革命のころから性と暴力と死を主要なテーマとするようになり、死に脅かされている人間の生の無意味さを主張した。自由恋愛の鼓吹、人間は何をしても責任は伴わぬとうそぶく極端な個人主義と享楽主義は、日本でも明治末から大正期にかけて注目を集めた。たとえば作家広津和郎(かずお)などに影響を及ぼしている。十月革命ののちポーランドに亡命。代表作は『妻』(1904)、『ランデの死』(1904)、『サーニン』(1907)、『最後の一線』(1912)など。[小平 武]
『昇隆一訳『アルツィバーシェフ名作集』(1975・青蛾書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アルツィバーシェフの関連キーワードロシア演劇サーニズム原久一郎一線

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android