コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルディゴ アルディゴ Ardigo, Roberto

2件 の用語解説(アルディゴの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルディゴ
アルディゴ
Ardigo, Roberto

[生]1828. クレモナ,カステルディドネ
[没]1920. パドバ
イタリア実証主義の代表的哲学者。カトリック司祭であったが,43歳にいたって聖職を離れる。パドバ大学哲学史教授 (1881~1909) 。 A.コントや H.スペンサーの影響を受けたが,彼の哲学の核心は,人間の認識は感覚のみを起源とするという確信にあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルディゴ
あるでぃご
Roberto Ardig
(1828―1920)

イタリアにおける実証主義の代表的哲学者。クレモナのカステルディドーネに生まれる。カトリックの司祭となるが、還俗(げんぞく)し、パドバ大学で哲学史を教える。当時ヨーロッパで全盛期を迎えた実証主義の立場にたって、哲学が固有の対象をもたず、諸個別科学の成果の総合であるとしながらも、「心理的事実」を対象とするような哲学の諸分野の余地を認め、また哲学は全体的な学ではあるが、単に諸科学の成果を集めるだけではなく、あらゆる諸科学の境界を超えて究極の限界にまで帰納を進め、存在の最高の原理をとらえようとするものだと考える。著作に『実証的科学としての心理学』(1870)その他がある。[大谷啓治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルディゴの関連キーワードカステル・デル・モンテクレモナ隠れもないパステル画カステルデッローボカステルデルモンテクレモナ大聖堂モナステルリ橋クレモナ派メステル・デ・クレレシーア

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone