コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルフォンソ10世(賢王) アルフォンソじっせい[けんおう]Alfonso X, el Sabio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルフォンソ10世(賢王)
アルフォンソじっせい[けんおう]
Alfonso X, el Sabio

[生]1221. トレド
[没]1284.4.4. セビリア
カスティリア=レオン王 (在位 1252~84) ,ドイツの対立王 (在位 57~74) 。フェルナンド3世 (聖王) の子。学問,文学の保護者として,また天文学者を集めて,天体の位置を予言する「アルフォンソ表」を作成したことで知られる。その卓見に基づき『七部法典』 Las Siete Partidasを編纂。これは貴族勢力に対する王権の優位を確立させようとした画期的な事業であった。しかし,実際の統治面では不人気であった。 1257年ドイツ国王に選挙されたが教皇からは認められなかった。また 75年,相続者のフェルナンドが死去し,『七部法典』の長子相続権によってフェルナンドの長子に相続権が与えられたため,アルフォンソ 10世の次男サンチョはこの決定を不満として,王権に対抗する貴族の先頭に立って父王と対陣した。内乱中アルフォンソ 10世は没したが,一方では,イスラム勢力からカルタヘナやカディスを取戻し国土回復に努めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルフォンソ10世(賢王)の関連キーワードサンチョ4世(勇猛王)フェルナンド[3世]シエテ・パルティダスフアン・マヌエルポルトガル語ムルシア王国メスタ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android