コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンデル3世 アレクサンデルさんせいAlexander III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンデル3世
アレクサンデルさんせい
Alexander III

[生]1105頃. シエナ
[没]1181.8.30. ローマ
イタリア人の教皇(在位 1159~81)。本名 Rolando Bandinelli。ボローニャ大学で教会法を講じ,ピエール・アベラールの影響を受けた重要な著作『ロランドゥス命題集』Sententiae Rolandiを著した。1150年枢機卿(→カーディナル)。フリードリヒ1世と激しく対立し,皇帝派の対立教皇による 17年間の離教を招いた。皇帝の圧力のためフランスに逃れたが,教皇側のロンバルディア同盟軍が戦勝し,1177年ベネチア和約で皇帝の野望をくじいた。イギリスの大司教トマス・ベケットヘンリー2世の対立では大司教を支持,トマス・ベケット殺害のかどで国王を破門,クラレンドン法 16ヵ条を撤回させた。教皇権高揚の一連の努力は,1179年ラテラノ公会議で対立教皇を防ぐための 3分の2の多数決による教皇選挙法として結晶。しかしまもなく貴族の反抗にあい,ローマを追われた。その道徳的偉大さは敵の尊敬さえかちえたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アレクサンデル3世の関連キーワードライナルト・フォン・ダセルインノケンチウス3世ピエール・ド・ブロアプレスター・ジョンカリクスツス3世アレッサンドリアラテラン公会議パスカリス3世ビクトル4世ワルドー派列聖列福

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android