アレクサンデル6世(読み)アレクサンデルろくせい(英語表記)Alexander VI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンデル6世
アレクサンデルろくせい
Alexander VI

[生]1431.1.1. バレンシア,ハティバ
[没]1503.8.18. ローマ
スペイン出身の教皇 (在位 1492~1503) 。本名 Rodrigo Borgia。叔父カリクスツス3世の門閥主義で登用され,教会の世俗化に乗じ買収などの手段によって教皇となった。みずから重用した4人の私生子のなかには C.ボルジアがいる。 1498年急進的世俗化に反対したサボナローラを処刑。 93年スペイン,ポルトガル間のアメリカ大陸の国境紛争を調停。史上最悪の教皇に数えられるが,学問,芸術を愛し芸術家たちを庇護した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

アレクサンデル6世

生年月日:1431年1月1日
教皇(在位1492〜1503)
1503年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android