コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンデル6世 アレクサンデルろくせいAlexander VI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンデル6世
アレクサンデルろくせい
Alexander VI

[生]1431.1.1. バレンシア,ハティバ
[没]1503.8.18. ローマ
スペイン出身の教皇 (在位 1492~1503) 。本名 Rodrigo Borgia。叔父カリクスツス3世の門閥主義で登用され,教会の世俗化に乗じ買収などの手段によって教皇となった。みずから重用した4人の私生子のなかには C.ボルジアがいる。 1498年急進的世俗化に反対したサボナローラを処刑。 93年スペイン,ポルトガル間のアメリカ大陸の国境紛争を調停。史上最悪の教皇に数えられるが,学問,芸術を愛し芸術家たちを庇護した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

アレクサンデル6世

生年月日:1431年1月1日
教皇(在位1492〜1503)
1503年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

アレクサンデル6世の関連キーワードボルジア家 愛と欲望の教皇一族ルクレツィア ボルジアトルデシーリャス条約チェーザレ・ボルジャトルデシリャス条約カリクスツス3世ユリウス[2世]マドリード大学カトリック両王ボルジア[家]ボルジア家教皇領国家大航海時代教皇子午線ボルジャ家ピウス3世生年月日私生子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android