コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンドリ Alecsandri, Vasile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンドリ
Alecsandri, Vasile

[生]1819/1821.6.14. モルドバ,バカウ
[没]1890.8.22. ミルチェシュチ
ルーマニアの劇作家,詩人。貴族の出身で,パリに6年間留学,帰国後詩を発表するとともにルーマニア民謡を集めて発行した。 1848年の革命に中心的指導者として活躍,革命の敗北後一時西ヨーロッパに亡命。その後ヤシの国民劇場の支配人に任命され,多くの風刺的喜劇を発表,ルーマニア民族演劇の発展に尽した。また詩集『悲歌とすずらん』 Doine şi lǎcrimioare (1853) やモルドバの風景をうたった詩『パステル画』 Pasteluriその他によってロマン派の愛国詩人として国民の敬愛を集めた。小説『一枚の金貨の物語』 Istoria unui galben (44) ,喜劇『ヤシのカーニバル』 Iaşii în carnaval (52) も有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アレクサンドリ【Vasile Alecsandri】

1818‐90
ルーマニアの詩人。青年時代にパリに留学し,フランス文学の影響を受けた。1848年革命に参加し,後に《ルーマニア民謡集》(1852‐53)を発表し,民族意識の高揚に貢献した。ロマン派的感受性と古典的調和を備えた抒情詩集《パステル画》(1868‐69),叙事詩集《伝説集》(1872‐76),史劇《デスポト公》(1879)その他多くの詩集,喜劇,小説によって統一ルーマニア国家最大の文学者としての評価を受けた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレクサンドリ
あれくさんどり
Vasile Alecsandri
(1821―1890)

ルーマニアの詩人、劇作家。青年時代パリに留学し、啓蒙(けいもう)主義思想の影響を受けて帰国、「一八四八年の革命」に参加したが、その失敗後一時亡命、1859年の国家統一の際には外交官として活躍した。『田舎(いなか)のキリツァ』(1852)などの喜劇によってルーマニア民族演劇を確立し、また民謡の集大成を西ヨーロッパに紹介した。『ドイナ』(1853)、『伝説』(1877)など詩集も多い。[直野 敦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアレクサンドリの言及

【ルーマニア】より

…トランシルバニアでは,18世紀後半からラテン系民族としての自覚と民族文化の復興を呼びかけた言語学者・歴史家のグループが活躍し,彼らはトランシルバニア学派と呼ばれた。 19世紀の民族解放運動の時期には文学の近代化も促進されるが,その中で決定的な役割を果たしたのは,1848‐49年の革命に参加したロマン派の文学世代,言語学者・詩人のエリアーデ・ラドゥレスク,詩人アレクサンドリ,小説家ネグルッジCostache Negruzzi(1808‐68),歴史家コガルニチャーヌバルチェスクらであり,これ以後,西欧文学の影響が強まる中で,近代文学が確立されていった。ロマン派の最後の代表者で,ルーマニア詩の最高峰を築いたエミネスクは,今日まで最大の国民詩人としての地位を保っている。…

※「アレクサンドリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アレクサンドリの関連キーワードプトレマイオス13世テオス・フィロパトルプトレマイオス・クラウディオスキュリロス[アレクサンドリア]アリスタルコス[サモトラケ]アレクサンドリア(エジプト)アレクサンドリア版聖書手写本古代アレクサンドリア図書館カニディウス・クラッススアポロニオス(ロドスの)アレクサンドリア[古代]アレクサンドリア図書館アンモニオス・サッカスアキレウス・タティオスMt. Vernonアレクサンドリア文庫アレクサンドリア学派アレクサンドリア教校オリュンピオドロスアレキサンドリアディオファントス

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android