コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンドロフスク・サハリンスキー アレクサンドロフスクサハリンスキー

百科事典マイペディアの解説

アレクサンドロフスク・サハリンスキー

ロシア,サハリン樺太西岸港湾都市石炭木材を産する。1881年創設。ロシア革命前,流刑植民地を管轄する軍務知事の政庁があった。第2次大戦前は,日本の総領事館所在地。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレクサンドロフスク・サハリンスキー
あれくさんどろふすくさはりんすきー
Александровск‐Сахалинский Aleksandrovsk-Sahalinskiy

ロシア連邦東部、サハリン州の都市。樺太(からふと)島北部西岸、間宮海峡に臨む港湾都市で、人口約2万。大陸側対岸ワニノとの間に定期航路がある。木材や水産物の加工が行われ、付近の炭田では石炭を産する。1881年に設置された駅逓を起源とし、帝政時代は流刑監督所が置かれていた。1890年にはチェーホフがここで資料を収集し、『サハリン島』を刊行した(1895)。彼の住居は郷土館となっている。1932年から1947年まで、サハリン州の州都であった。鉱山技術学校、医学、教育などの専門学校がある。第二次世界大戦前、日本では「亜港」と略称した。[渡辺一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アレクサンドロフスク・サハリンスキーの関連キーワード渡辺一夫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android