コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アングロサクソン Anglo-Saxon

翻訳|Anglo-Saxon

デジタル大辞泉の解説

アングロ‐サクソン(Anglo-Saxon)

5世紀ごろ、民族大移動でドイツの北西部からブリテン島に移住したアングル人とサクソン人の総称。現在の英国民の根幹をなす。
英国民、また、英国系の人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アングロサクソン【Anglo-Saxon】

五世紀頃よりドイツ北西部から移動、グレート-ブリテン島に定住したゲルマン民族の一派。現在のイギリス国民の多数を占める。
イギリス国民およびイギリス系の人々やその子孫。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アングロサクソンの関連キーワードウィルソン(Sir Angus Frank Johnstone Wilson)多文化社会[オーストラリア]フランソワ ミシュランクラーク ダールトンポンド(質量の単位)ミッション・スクールラテンアメリカ文学ゲルニカ(絵画)ライン型資本主義アングロアメリカイプスウィッチノルマン征服ゲルマン民族少数民族問題AAスクールウェセックスルーン文字ブリテン島ウィルソン植田 清次

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アングロサクソンの関連情報