アングロサクソン(英語表記)Anglo-Saxon

翻訳|Anglo-Saxon

デジタル大辞泉の解説

アングロ‐サクソン(Anglo-Saxon)

5世紀ごろ、民族大移動でドイツの北西部からブリテン島に移住したアングル人とサクソン人の総称。現在の英国民の根幹をなす。
英国民、また、英国系の人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アングロサクソン【Anglo-Saxon】

五世紀頃よりドイツ北西部から移動、グレートブリテン島に定住したゲルマン民族の一派。現在のイギリス国民の多数を占める。
イギリス国民およびイギリス系の人々やその子孫。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アングロ‐サクソン

〘名〙 (Anglo-Saxon)
① 五世紀ごろドイツ西北の海岸地方からイギリス(大ブリテン島)へ侵入した、アングル、サクソン、ジュートなどの西ゲルマン族。現在のイギリス人の主な祖先。また、その言語(古代英語)をもさす。
② アングロサクソンの血を引く、イギリス人およびアメリカ人。
※人格哲学雑感(1909)〈朝永三十郎〉四「人格本位の哲学は〈略〉『アングロー・サクソン』民族の特産物である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アングロサクソンの関連情報