コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンジェイェフスキ Jerzy Andrzejewski

大辞林 第三版の解説

アンジェイェフスキ【Jerzy Andrzejewski】

1909~1983) ポーランドの小説家。カトリック作家としてデビュー、社会主義体制下で晩年まで自由派の良心を貫いた。長編「灰とダイヤモンド」「天国の門」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アンジェイェフスキ

ポーランドの小説家ワルシャワ生れ。戦争体験と屈折した青春像を描き,のちにワイダ監督によって映画化された《灰とダイヤモンド》(1948年)をはじめ,中世題材を求めた作品や現代ポーランド社会の矛盾を暴いた作品を残す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンジェイェフスキ【Jerzy Andrzejewski】

1909‐83
ポーランドの小説家。ワルシャワに生まれ,1930年代にデビュー。教会の道徳的価値を問うた《心の秩序》(1938)で脚光を浴びる。戦争と抵抗運動の経験を踏まえて,1945年に発表された《夜》は戦後社会主義の模範的リアリズム小説集とみなされ,《灰とダイヤモンド》(1948)は終戦当時のパルチザン活動と主人公の青年の悲劇的な死を描き,ワイダ監督の映画によっても有名。しかし短編《金いろの狐》(1954)を残したあと,雪解けの時代の作品である《闇は大地をおおう》(1957)や《天国の門》(1960)では中世異端審問や少年十字軍などの歴史的題材にとりくみ,グロテスクの手法や大胆な文体上の実験を試み,同時にスターリン主義との対決を強めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンジェイェフスキの関連キーワード晩年良心長編

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android