コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンソール アンソール Ensor, James

6件 の用語解説(アンソールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンソール
アンソール
Ensor, James

[生]1860.4.13. オーステンデ
[没]1949.11.19. オーステンデ
ベルギーの画家。表現主義絵画の先駆者。 1877~79年ブリュッセルアカデミーに学び,以後オーステンデに定住。 1884年ブリュッセルの「20人展」に参加。 1880年代すでに表現主義的手法を生み出し,大作『キリストのブリュッセル入城』 (1888,アントウェルペン王立美術館) を制作したが,「20人展」では出品拒否にあい,長い間理解されなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アンソール(James Ensor)

[1860~1949]ベルギーの画家。鮮やかな色彩を用いて、骸骨(がいこつ)・仮面などの奇怪なモチーフを多く描く。作品に「キリストのブリュッセル入城」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アンソール

ベルギーの代表的画家。オステンデ生れ。1883年に結成されたブリュッセルの美術団体レ・バン(二十人組)の会員中最も独創的な画家で,風刺やペシミズム,死にまつわるグロテスクな幻想等を特色とし,表現主義の先駆者となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アンソール【James Ensor】

1860‐1949
ベルギーの画家,版画家。イギリス人を父として港町オステンデに生まれる。両親はみやげ物屋を営む。1877年からブリュッセルの王立アカデミーで学ぶが,その伝統的美学にあきたらず,外光派や台頭しつつあった象徴派などの革新的傾向に関心をもつ。80年に帰郷し,以後生涯を独身のまま故郷で送る。1879‐83年ころは,〈暗い時代〉とも呼ばれるように,抑えた色調で室内,人物,静物,海岸風景などを描く。81年のブリュッセルでの〈蛹(さなぎ)La Chrysalide〉グループ展で初めて作品を公開した際は,光の効果に敏感な色彩家としてかなり好意的な評価も得たが,サロン(官展)にはこの時期の作品さえも,形や構図の不明晰,主題の卑近さ等を理由にほとんど受けいれられなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アンソール【James Ensor】

1860~1949) ベルギーの画家。仮面や骸骨を題材にした神秘的・幻想的な表現を特徴とし、表現主義の先駆者となる。作「キリストのブリュッセル到来」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンソール
あんそーる
James Ensor
(1860―1949)

ベルギーの画家、版画家。4月13日オーステンデに生まれる。父はイギリス人。1877~1879年ブリュッセル美術学校に学ぶ。初期にはマネおよび印象派を手本とし、同時にターナー象徴主義の影響も認められる。1880年オーステンデに帰り、1883年グループ「XX」のメンバーとしてフランドル風の風景画や室内画のモチーフを写実的に、あるいは象徴的に描く。1885年ごろからしだいに独自の画風を確立し、同時に時流から離れていく。それは亡霊、仮面、骸骨(がいこつ)、怪物といった幻想的な形姿をモチーフとし、それらを鮮やかな色彩と大胆なデフォルメによって形象化したもので、ボッシュやブリューゲルを想起させる。とくに仮面への愛好は強く、『キリストのブリュッセル入市』や『仮面の中の自画像』には、群衆の底知れぬエネルギーと自我の孤絶感とが20世紀を先取りする感覚で厭世(えんせい)的に表現されている。1949年11月19日オーステンデで死去。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアンソールの言及

【風刺画】より

…優れた人間観察とヒューマニズム精神により,ドーミエは従来の戯画と風刺画を超えた新しい次元の風刺芸術の世界を築いた。19世紀末,ベルギーのJ.アンソールは群衆の存在を奇怪な仮面によって描写することで,彼の芸術を拒否する美術界を風刺している。 20世紀になり,ベルリン・ダダの中心人物G.グロッスは第1次大戦後,反軍国主義,反資本主義の思想を表明するために,〈政治的,破壊的な風刺〉に奉仕した。…

【ベルギー】より

…ベルギーは世紀末の象徴主義の一中心でもあり,〈レ・バン〉の創設者の一人クノップフがこれを代表する。同じく創立会員のアンソールは,独特の幻想世界を創造,強烈な色彩と大胆な筆致により,表現主義の先駆ともなった。 世紀のかわり目に主として工芸・建築に新風を吹き込んだアール・ヌーボーの運動においても,オルタとバン・デ・ベルデという傑出した建築家を生んだベルギーの役割は大きい。…

【レ・バン】より

…〈20(人)〉の意で,〈二十人組〉と訳されることもある。芸術愛好家の弁護士マウスOctave Maus(1856‐1919)が幹事となり,フォーヘルスJ.Vogels,アンソールクノップフ,ファン・レイセルベルヘT.van Rysselbergheら20人で発足した。のち外国からトーロップ(オランダ),ロダン(フランス)などが参加する一方,退会者もあり,メンバーは通算32名であった。…

※「アンソール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンソールの関連キーワードイギリス巻イギリス組曲奴隷船ベルギーホワイトエネルギーレベルレーノルズトーロップハウスブーフの画家ブラングインベルギー輓馬 (Belgian Draught)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンソールの関連情報