アンティゴネ(読み)あんてぃごね(英語表記)Antigon

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンティゴネ(ギリシア神話)
あんてぃごね
Antigon

ギリシア神話に登場する人物。英雄オイディプスとその母イオカステとの間に生まれた娘。兄はポリネイケスとエテオクレス、妹はイスメネ。ギリシア神話を彩る女性のうちでもっとも気高い性格の主とされている。父オイディプスが自分の罪を恥じて自らの目をえぐり、盲人となって諸国をさまよい、アッティカのコロノスでその一生を終えるまで、彼女は父に付き添った。父の死後、祖国のテバイ(テーベ)に戻って妹といっしょに暮らしていた彼女を新たな不幸がみまう。テーベに攻め寄せたアルゴスの七将を撃退したとき、兄のポリネイケスとエテオクレスは、敵味方に分かれて対立し、決闘で相討ちとなって死んだ。テーベの新たな王となった彼女の伯父クレオンは、祖国の指導者としてエテオクレスの葬儀だけは行ったが、敵方についたポリネイケスのそれは許さなかった。しかしアンティゴネは、肉親の埋葬は神々に課せられた義務と考えて、クレオンの命令に背き、ポリネイケスの遺体に一握りの土を注いで葬礼を行った。この行為は当然クレオンの怒りを招き、死刑を宣告された彼女は、祖先のラブダキデスの墓に生きながら閉じ込められた。アンティゴネはその中で首をくくり、また彼女を助けにきた婚約者ハイモンも彼女の遺体の前で自殺した。さらにクレオンの妻エウリディケは、悲しみのあまり刃(やいば)で胸を貫いた。この話は、悲劇詩人ソフォクレスの『アンティゴネ』において詳しく語られている。[小川正広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンティゴネの関連情報