コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドンクラゲ アンドンクラゲCharybdea rastoni

4件 の用語解説(アンドンクラゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドンクラゲ
アンドンクラゲ
Charybdea rastoni

刺胞動物門箱虫綱立方クラゲアンドンクラゲ科。傘は立方形で,高さ,幅とも 3cm内外。触手は 4本,通常 15cmほどで,伸ばすと 30cm以上になる。刺胞毒(→刺胞)がきわめて強い。各地の海水浴場でクラゲに刺される被害は本種によるものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アンドンクラゲ

イラ,タコテレレンとも。腔腸(こうちょう)動物ハチクラゲ類アンドンクラゲ科。傘(かさ)は立方形で無色,高さ3〜3.5cm。寒天質は薄いが堅い。4本の触手は傘の倍くらいの長さで淡紅色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンドンクラゲ【Charybdea rastonii】

ハチクラゲ綱アンドンクラゲ科の腔腸動物。本州でイラ,北海道でタコテレレンと呼ばれる。熱帯太平洋から北上し,8~9月に日本各地に出現する。かさは高さ3~3.5cm,幅2.5~3cmの立方形で,寒天質は薄く,表面に多くの刺細胞がある。4本の淡紅色の触手があり,6cm以上にものびる。触手の基部は葉状体になっている。かさの縁よりやや上方によく発達している2個の大きな中央眼と小さな2対の側眼とがある。日中は強い日光を避けて深く潜っており,曇り日や夕方から朝方までに表面近くを遊泳するが,夜間にカンテラくらいの光度にも眼に光を感じて集まってくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンドンクラゲ
あんどんくらげ / 行灯水母
[学]Charybdea rastonii

腔腸(こうちょう)動物門ハチクラゲ綱立方(りっぽう)クラゲ目アンドンクラゲ科に属するクラゲ。傘はほぼ立方形で行灯形。傘高3~3.5センチメートル、幅2.5~3センチメートルほどで、淡紅色の4本の触手があり、その基部は寒天質の葉状の足を形成する。この種は一般に熱帯性であるが、日本でも北海道西岸から沖縄付近まで、各地の沿岸で夏季にみられる。刺胞(しほう)毒は相当強く、これに触れるとかなり痛む。夜間、漁師が灯火を使ってエビなどを捕獲するときに、このクラゲも灯火に集まってくるので、エビ漁の妨げになることがあるという。北海道の小樽(おたる)ではタコテレレン、本州各地ではイラとよばれることがある。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンドンクラゲの関連情報