コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンナン山脈 アンナンさんみゃく Chaîne Annamitique

3件 の用語解説(アンナン山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンナン山脈
アンナンさんみゃく
Chaîne Annamitique

チベット方面からインドシナ半島に南下する山脈のうち最も東側の山脈。同半島の東岸に沿って北西-南東方向に約 1000kmにわたって延び,ラオスベトナムを分ける。ベトナムではチュオンソン Truong Son (「長い山」の意) と呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アンナン‐さんみゃく【アンナン山脈】

Annamese Cordillera》インドシナ半島東部の山脈。ベトナム北部からラオスとの国境を走り、ふたたびベトナム中南部にいたる。全長約1100キロメートル。メコン川に注ぐ支流の源流が多く、ボーラウェン高原コントゥム高原などを含む。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンナン山脈
あんなんさんみゃく
Annamese Cordillera

ベトナム北部からラオスとの国境を南南東へ走り、ベトナム中南部に達する山脈。別名長山山脈。全長約1100キロメートル地塁山地で準平原が発達する。山脈中にプー・ビア山(2820メートル)、プー・ライ・レング山(2711メートル)などがある。山脈の中部ではラオス側は緩傾斜で、ベトナム側は比較的急傾斜である。山脈の走向がモンスーンの風向きと斜交するため、降水量が多く、年4000ミリメートルを超える地域もある。このため、この山脈を水源とするセサン川、スレポク川、セバンヒエン川などメコン川の支流は流量が多く、メコン川下流の洪水の状態を左右する。[大矢雅彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンナン山脈の関連キーワードインドシナ半島チベット高原インドシナ語族支那チベット諸語南アジア語族東インドヤオシナ・チベット語族チベット種 (Tibet)チベット占星術

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone