アンナン山脈(読み)アンナンさんみゃく(英語表記)Chaîne Annamitique

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンナン山脈
アンナンさんみゃく
Chaîne Annamitique

チベット方面からインドシナ半島に南下する山脈のうち最も東側の山脈。同半島の東岸に沿って北西-南東方向に約 1000kmにわたって延び,ラオスベトナムを分ける。ベトナムではチュオンソン Truong Son (「長い山」の意) と呼ばれる。東のベトナム側は急斜面で狭い海岸平野にのぞむが,西のラオス側はメコン川に向って緩斜面をなす。最高峰は山脈中部のベトナム領内にあるゴクリン山 (2598m) 。平均標高は 1300~1700m程度とあまり高くないが,山脈越えの峠は少く,古くからケオヌア,ムジャ,バンサンなどの峠がラオスとベトナムの海岸地方を結ぶ重要な交通路であった。地質的には古い山脈で,北部はおもに石灰岩,砂岩,花崗岩,片麻岩などから成る。南部では基盤の結晶質岩石の露出が目立ち,ところどころを玄武岩の溶岩流がおおい,ラオスのボロベン高原,ベトナムのコントゥム高原,ダクラク高原などを形成している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アンナン‐さんみゃく【アンナン山脈】

Annamese Cordillera》インドシナ半島東部の山脈。ベトナム北部からラオスとの国境を走り、ふたたびベトナム中南部にいたる。全長約1100キロメートル。メコン川に注ぐ支流の源流が多く、ボーラウェン高原やコントゥム高原などを含む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンナン山脈
あんなんさんみゃく
Annamese Cordillera

ベトナム北部からラオスとの国境を南南東へ走り、ベトナム中南部に達する山脈。別名長山山脈。全長約1100キロメートル。地塁山地で準平原が発達する。山脈中にプー・ビア山(2820メートル)、プー・ライ・レング山(2711メートル)などがある。山脈の中部ではラオス側は緩傾斜で、ベトナム側は比較的急傾斜である。山脈の走向がモンスーンの風向きと斜交するため、降水量が多く、年4000ミリメートルを超える地域もある。このため、この山脈を水源とするセサン川、スレポク川、セバンヒエン川などメコン川の支流は流量が多く、メコン川下流の洪水の状態を左右する。[大矢雅彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android