コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンプ Hamp, Pierre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンプ
Hamp, Pierre

[生]1876
[没]1962
フランスの小説家。本名 Henri Bourrillon。代表作は自然主義的手法による連作大河小説『人間の苦悩』 La Peine des hommes (20巻,1908~52) 。

アンプ

増幅器」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アンプ

微細な電気信号増幅する回路をもつ装置アンプリファイアamplifierの略。増幅器とも。真空管やトランジスターを使用し,オーディオ機器に接続されることが多かったが,テレビやビデオなどの最近の電子機器ではICを利用した増幅器が最も多い。
→関連項目オペアンプミキサー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

アンプ

信号を増幅する装置。CDプレーヤーからの信号の振幅は小さく、そのままではスピーカーを鳴らせないので、オーディオアンプで、エネルギーを増加させる。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

音楽用語ダスの解説

アンプ

アンプリファイアの略で、増幅装置のこと。その目的に応じて、ベース・アンプ、ギター・アンプ、オーディオ・アンプなど様々なアンプが存在する。若きバンドマン諸君は、アンプをベーアン、ギーアンなどと省略して呼ぶこともある。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

大辞林 第三版の解説

アンプ

〔アンプリファイアの略〕
増幅器ぞうふくき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンプ
あんぷ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

アンプ

生年月日:1876年4月23日
フランスの作家
1962年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のアンプの言及

【増幅器】より

…電気信号の電圧,電流などを大きくするための装置。アンプともいう。放送局から送られる電波は,ラジオでもテレビジョンでも,家庭のアンテナで受信したとき,きわめて微弱なものである。…

※「アンプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンプの関連キーワードフィードバック(奏法)[feedback playing]ギター・アンプ[guitar amplifier]オーバーロード [overload]USBオーディオプロセッサーポータブルオーディオアンプチャージセンシティブアンプポータブルヘッドホンアンプソリッドステートアンプオーディオプロセッサーアクティブスピーカーバランスコントロールデジタルスピーカーパッシブスピーカーパワードスピーカートーンコントロールサラウンドアンプポータブルアンププリメーンアンプアンチログアンプセパレートアンプ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンプの関連情報